2017年9月15日 (金)

Kadomatsu Plays The Guiter vol3

Billboard Live TOKYO
角松敏生のKadomatsu Plays The Guiter vol3
ビルボードライブ東京
10月19日セカンド カジュアル席
1名分予約枠余っております!
インストライブです!
私とリアルお知り合いの方で、ご希望の方
いらっしゃいましたら直接お知らせを!
売り切れましたらご容赦を!
 
10/19(Thu)2nd Stage Open 20:30 Start 21:30
Price Casual Area : ¥10,300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

G7ライブ!

この前、西荻G7行きましたら
マスターから ライブをやるとの告知がありました
暇だったら行こうかなと!
Img_8954 Img_8955
10月は女性ボーカルで
12月は達郎関係だとか
予約とかは必要なく自由にどうぞとの事!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

吉田朋代T-Breeze LIVE Vol.3 @西荻窪Terra

2017.9.9 吉田朋代T-Breeze LIVE Vol.3 行って来ました!
Img_8957_2    
西荻窪Terra
Cimg4303 Img_8963_2
ここのところ毎回行っておりますが
今回も贅沢なライブでした!
もっと人が来ても不思議じゃないところですが
 
リハで林哲司さんが見に来ていたとか!
また何かやるのでしょうかね~!
 
吉田 朋代 (Vo)
鈴木 英俊 (G)
GAAA (Dr)
中村 雅雄 (B)
太田 公一 (Kb)
 
セットリスト
 
【1st. Stage】
Because you are
Work To Do(Work Shy)
Zanzibar Night(マリーン)
土のリズム
宇宙のビーズ
リズム(UA)
Dejavu(マリーン)
Rythem Of Life(Oleta Adams)
 
【2nd. Stage】
Break Away 
Bad Time, Good Time(GRUNION)
Always Love You(GRUNION)
真夜中のドア(松原みき)
Windy Summer(杏里)
Don't say "I LOVE YOU"
君のメロディー
いらだつ季節を抱きしめて
 
【Encore】
Together
  

   
http://blog.livedoor.jp/slowmusic/archives/52053085.html
 
勝手にVOCALANDの告知が有りました!
(Vo)むらかみけいじゅ、吉田朋代、紫藤博子
(G)鈴木英俊(Key)オオタコウイチ (B)中村雅雄 (Ds)GAAA
(Sax)武田和大 (Key)久保田響 ★Special Guest 長江健次
当日券は各料金\500UP (各税込)
開場18:00 開演19:00×2st
予約開始日:9月27日(水)16:00~
目黒Blues Alley Japan ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

Kadomatsu Plays The Guiter vol3

Billboard Live TOKYOで9月1日
角松敏生のKadomatsu Plays The Guiter vol3
会員先行の受付が始まりまして!
一応申し込みました!
今迄WEBで申し込んだ事はないのですが!
どうなんでしょう!
今回も電話で・・・・
 
11:00から開始
再ダイヤル200回
いい大人が仕事の片手間に!
アホ臭いと言うか・・・・
11:45分にようやく繋がるものの!
もう残席わずかで席の選択肢もなく
10月19日セカンド久しぶりのカジュアル席
 
何というか後味が・・・
モヤモヤするもんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

角松年内公演

覚え書き
  
10/19と12/9申し込もうかと・・・・
   
■Kadomatsu Plays The Guiter vol3
 
2017年10月18日(水)
1st : open17:30 start18:30 / 2nd : open20:30 start21:30
 
2017年10月19日(木)
1st : open17:30 start18:30 / 2nd : open20:30 start21:30
 
会場
Billboard Live TOKYO
サービスエリア:¥11,800(税込)
 
角松敏生(Guitar / Percussion / Vocal)
・山本真央樹(Drums)・山内 薫(Bass)
・鈴木英俊(Guitar)・森 俊之(Keyboards)・本田雅人(Saxophone)
 
■Toshiki Kadomatsu Performance Close out 2017 & Ring in The New Season
 2017年12月8日(金)東京・中野サンプラザ
 2017年12月9日(土)東京・中野サンプラザ
 2017年12月30日(土)兵庫・神戸国際会館こくさいホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

角松敏生@音霊 2017

TOSHIKI KADOMATSU Performance 2017
"in OTODAMA" ~SEA IS A LADY
A_0001_4
2017年8月4日(金)
OPEN 17:00 / START 18:00(2日間共通)
 
音霊 OTODAMA SEA STUDIO
神奈川県三浦市南下浦町上宮田木の間1435-5字松原3347-52番地先海岸
会場 URL:http://www.otodama-beach.com/
¥7,000(税込)整理番号467・ドリンク代600円
 
今年から三浦海岸です
角松氏MCでは「ひなびた所! 悪い奴ぁ居ない!」なんて言ってましたが
たしかに逗子や鎌倉とは全然雰囲気が違う
ビーチに若いおねーちゃんやタトゥーを入れた様な人は居ません
A_0001_7 A_0002
台風の影響か?赤旗もあり
なんだか寂しい海水浴場な感じがしないでもないですが(笑)
   
ハコは椅子の数が今年減っていたのではないかと
推察、整理番号の大きい私は勿論立ち見w
A_0003 A_0001_6
ここ数年空調の加減か?音霊とは言え、
あまり厳しい暑さは感じなかったですが
ここは空調の音が大きいとの事で、MCとバラードは
空調を停めての演出だったとかです
今年は台風の影響か多少の湿気?で少々暑かった!
 
セトリ
 
WAY TO THE SHORE (SEA IS A LADY 2017) <SE>
 
SEA LINE (SEA IS A LADY 2017)
BEAMS
Summer Babe
Melody For You
SUNSET OF MICRO BEACH (SEA IS A LADY 2017)
Ryoko
A Widow on the shore/BEACH'S WIDOW (REBIRTH 1)
夜の蝉
134
All'n All (Summer 4 Rhythm)
桃色の雲 (Summer 4 Rhythm)
MIDSUMMER DRIVIN’(SEA IS A LADY 2017)
 
アンコール
CATCH ME
浜辺の歌
夏休み
スカイ・ハイ(Take You To The Sky High)
No End Summer
 
モアアンコール
WAVE
 
 
音霊のライブももう演奏曲が固定化しつつある傾向で
毎年音霊でやっている楽曲に、その時のツアー
SEA IS A LADYの曲を取り混ぜて と言う感じのセトリ
オーディエンス目線としては曲の固定化は
マンネリで、またか!感が(笑)   

今回貴重だったのはRyokoを演奏したところでしょうか!
実は密かに小田急SEで唄うようリクエストしたのですが(笑)
短い曲なので、こう言う所でしか出来ないですね!

   
メモ
 
音霊規則は
音だし20:00まで、ドラムは不可!
いつもドラムレスはケチって費用削減の
為かと思ってました(爆)
 
キーボードの森さん メンバー紹介の時
(何かのウチワネタか?)
何故か稲川淳二と紹介され・・・(何度も)
角松氏嬉しがってました(謎)
 
小林信吾さん、シャバに出れたと
角松氏にメールが届いたとか
 
A Widow on the shoreでは曲中
何か・・・バランバランな気配で
ふとステージ袖のパソコンオペレーター氏が
ワナワナしてて(笑)バックトラックとの同期トラブル
演奏止めるか迷ったみたいでしたが、やりきった!
と言う事で、曲が終わってからパソコン再立ち上げて
けっこう時間がかかり次曲「夜の蝉」は手演奏のみで
 
今年は。浜が近い為か?
 ちょっとだけナマの波の音が聞こえた
 
あと残念な事が! 
いつも角松氏のステージをささえる楽器TechのMさん
音霊でお姿が無いなと思っていましたが
ライブの翌日FBに、なんと闘病中だった奥様が
56歳の若さでお亡くなりになったとか
勿論 面識もないし、存じ上げませんが
フリーランスでアーチストとともに全国を飛び回るお仕事
心中お察しするとともにご冥福をお祈りいたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

角松敏生@下北沢 GARDEN

小田急SOUND EXPRESS
10th anniversary SPECIAL LIVE

本日チケット発売日!12:00

NETでトライ! しかし なななんと!
認証の番号入力する時悪い事に・・・

ちょうどワイヤレスキーボードの電池が切れた!
電池入れ替えゴソゴソしてて
ものの1分位でしたが・・・SOLD
そりゃ300キャパですからね!
里親募集さがさねば・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

TOSHIKI KADOMATSU Performance 2017“Tripod Ⅷ”

角松敏生@軽井沢大賀ホール 2017
A_0003_3 A_0002_4
2017年7月16日(日)
16:00/開演:16:30  料金:指定席:\8,700
 
信吾さん食道がん治療の為 不在の森友で!
  
セトリ
P.C.H? (interlude)
1 BEST OF LOVE
2 Maybe It's Love Affair
3 RAIN MAN
4 常世に続く川
5 Believing
6 LIVE
7 Fathers and Daughters(Cover マイケル・ボルトン)
8 CLOSE TO YOU(Cover Carpenters)
9 みどりの力(森さんのインスト)
10 君が代
11 氷の妖精
12 リカー!!
13 I'm Lovin' You
14 君のためにできること
 
アンコール
15 浜辺の歌
16 TAKE YOU TO THE SKY HIGH
17 No End Summer
 
モアアンコール
18 月のように星のように
   
       
毎年同じ場所で!
同じ曲を聴くというライブ
ここ何年かのセトリ
Kari
今年は夜の蝉・WHAT IS WOMAN
やらなかった(笑)
 
PA最小限は月のように星のように
   

信吾さんの手術は、6?9?時間に及ぶ
手術無事終了したと
A_0001_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

ODAKYU SOUND EXPRESS 10 th anniversary LIVE

角松敏生
TOKYO FM
ODAKYU SOUND EXPRESS
10 th anniversary
SPECIAL LIVE
 
2017.10.14~15
会場 下北沢 GARDEN
  
http://toshiki-kadomatsu.jp/special/otodama_sound_express10th/
   
こりゃ~多分当たらんやろな・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

角松敏生@中野2日目SUMMER MEDICINE FOR YOU vol.3” ~SEA IS A LADY~

TOSHIKI KADOMATSU TOUR 2017
“SUMMER MEDICINE FOR YOU vol.3” ~SEA IS A LADY~
A_0001_2 A_0003
  
歳をとると何かと忘れてしまうので
個人の為の覚え書き備忘録です。
A_0002
   
ネタバレ有り
 
秋からの公演がありますので
これから行かれる方は
お読みになら無い様注意ください

2017年7月1日 午前中雨~曇りへ
開場16:00 開演16:30
約3時間20分
 
一階26列16番
全席指定 ¥8,500(税込)
 
小林 信吾<Key>、山内 薫<Bass>、鈴木 英俊<Gtr>、
本田 雅人<Sax>、山本 真央樹<Dr>

衣装は白のパンツに一部スパンコールっぽい光ものの柄の入った
白のTシャツに黄色のジャケット
  

セトリ
WAY TO THE SHORE (SEA IS A LADY 2017) <SE>
1:SEA LINE (SEA IS A LADY 2017)
2:NIGHT SIGHT OF PORT ISLAND (SEA IS A LADY 2017)
3:AIJIN (INCARNATIO)
 
-Sea Side Love affair scene1-
4:SUNSET OF MICRO BEACH (SEA IS A LADY 2017)
5:LOVIN’YOU (SEA IS A LADY 2017)
6:A Widow on the shore/BEACH'S WIDOW (REBIRTH 1)
7:アマヌサの海 (INCARNATIO)
 
-On the street in the Magic hour -
8:ストリート・ビート (Tom scott カヴァー)
9:ミッドタウン (未発表)
10:52ND STREET (SEA IS A LADY 2017)
11:FLY BY NIGHT (Citylights Dandy)
12:Friend (Citylights Dandy)
13:IZUMO (INCARNATIO)
 
 -後半戦
14:Summer Babe (SEA IS A LADY 2017)
15:BEAMS (Summer 4 Rhythm)
16:All'n All (Summer 4 Rhythm)
17:MIDSUMMER DRIVIN’ (SEA IS A LADY 2017)
18:OSHI-TAO-SHITAI (SEA IS A LADY 2017)
 
 -Encore-
19:PARASAIL (LEGACY OF YOU)
20:Take You to the Sky High
 
 -More encore-
21:桃色の雲 (Summer 4 Rhythm)
22:浜辺の歌 (存在の証明)
  
   
今日はクワイア居ないので、その分青森公演で
演奏した三曲せっかくなのでその唄モノを演奏
 
OSHI-TAO-SHITAIは、昨日24分もやってしまったと
しかしこの日も20分超え
 
セトリの52ND STREET を忘れそうになるハプニング
  ご本人ショックな模様
 
Sky Highは、ステージひな壇上段にいつのまにか
マイクスタンドが何本か設置MAYSのお二人や
ステージスタッフが横並び、真ん中には
信吾さん・山内さんも列に入り唄う

 
本田さんステージ後方からカメラを三脚で客席に向け立て
wifiで撮れると言うカメラで記念撮影
角松氏「こういうエンディングってあまりない」
オペラグラスで本田さん見てたらSky Highなど
片手で楽器、片手でカメラ(爆)
しかもI Phoneではなくカメラで・・・・撮ってました
   
小林信吾氏の休養の事にはMCでは特に触れず
最後のメンバーでのラインナップ
(角松氏は特に信吾さん気づかいか?)
ステージメンバー退場時やたらクローズアップして
拍手なりやまずの中
角松氏「また絶対会いましょう See you !」に
信吾さん「See you Again!」
   
目撃!普通に歩いてたらわからなかった編
近くの客席に居た人、誰かな~?と思ってましたが
そう言えばチアキさんだ!VahoEも!その時はわからなかった
  ふっくらしたかな~?
帰りマネージャー氏にお見送りされていた子供を抱いた婦人
誰かな~?と思ってましたが
そう言えば為岡そのみちさんだ!わからんかった
MCのMEMO
CD売れない時代、僕の上の先輩アーチストなんかも
ほとんどオリジナルアルバムを出していない時代
昔の様な経済活動に、ならなくなっている
いいものを創れば創るほど損をする
僕らは真ん中の世代なので、まだ手を変え品を変え
やって行かなければならない
まだまだ新しい楽曲を創って行くべき、楽隠居は出来ないので
新しいアルバム創るモチベーションを上げて行かなくてはいけない所ですが
これが全然上がらない、ヤル気が起きない、
無くはないが、スイッチが入らない
  
今の時代、逆にインストは新鮮に聞こえるのではないかと思う
今の若い世代の人たちからすると新しい音楽
昨日も若い女性のロックギタリストがバックヤードに来て
「今フュージョンギターやってます」みたいな
そういうアーチストも出てくる時代
世代は超越していく時代
   
SEA IS A LADY 2017
ここほぼ10年くらいの中で最もいい売り上げを達成した
いまだに三ケタ近くのバックが来ている
30年前のアナログアルバム10万枚以上売れた
僕は聞きたい、あの10万人以上はどこに行ってしまった?
角「何処に行ったんだーっ!」
客「ここにいるよ」(あちらこちらで)
その中の2%残ってくれた

流行っていない(売れてない?)店だけど潰れない店みたく
なれたらよい(とのたとえ話)
 
最近、なぎらっぽく(自分の事を)「アタシ」と言うのが好き
 
ネットで別の検索でたまたま見つけた
「角松敏生は急激に老け込んでないか」と書いて有るのを見た
「なんだ!あの目じりのシワと眉間のシワは」
そういうのを見ると、取りあえずムカつきますよね!
「ご自分は?と聞きたくなる」
 
うちの近所に女子大が有る、通学時間帯
車で通りすぎざまにバックミラーで顔チェックするのが
結構好きで、こないだ久々にそこ通りすぎた時
バックミラー見た瞬間に"なんだ子供じゃねぇか"と思った
子供と言うか!すごく幼く見えてしまった
SEA IS A LADYなので女性の話しますと女性の年齢的な
カテゴリー自分の中でどう言う認識をしているのか考えてみた
10~20歳前半→子供  30~39歳→小娘 40~49歳→女性
50~57歳→お友達 58歳~→ご婦人
  
Dema

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧