« 「マンハッタンゴールド」 | トップページ | Cafe bar 101 »

2019年3月 9日 (土)

角松敏生ODAKYU SOUND EXPRESS ブルーペパーズ井上薫君について

ラジオでコメントしていたので
覚え書きメモ
 
ODAKYU SOUND EXPRESS | TOKYO FM |
2019/03/09/土 | 21:00-21:30
 
れすぽうるさん
「ミニアルバム発売に向けての
作業が忙しいと言う事で
先日森さんのSNSで森さんと井上薫さんが
録音に参加したと」
 
はい!
 
「井上さんと言えばブルー・ペパーズですよね
井上さんは小林信吾さんの代役として
高中さんのツアーにも参加されていると思います
若手が色々増えてくるのはイイと思います!」
 
→ イヤ違うのよ!僕ね井上君に関しては
僕はともかく若手を注目していると言うよりも
信頼のおける人を探しているだけ
それで、信頼のおける人だったら
若手であろうが、なんだろうが
どんどんどんどん即戦力で使っていく
そのかわし、一回レコーディングで
頭先からつま先までチェックすると言う
一つの関門設けてるんですね
知らない人に、僕のサウンドは任せられない
って言うのが有るので
で、森君(森俊之)にね 小林信吾さんが病欠した事もあったので
去年、一昨年か、その時森君につくづく
すごく森君のピアノが、角松サウンドにとって
欠かせないものになってると
友成さんや 信吾さんだって居るけど
彼らだって忙しいから中々 例えば 森君が出来ない時に
信吾さんを頼めるとも限らないしね
だから例えば、森君をレコーディングに起用して
オリジナルレコーディングやる事多いから
そういう時にさ、もし例えば、森君もなんか ホラっ
欠席になったりだとか、病気したりするかもしれないし
どうしてもスケジュール合わないかも知れないし
そんな時に、森君がさ 俺の代わりって!俺のトラで!
こいつだったら信用できる!って居ないっすか?って
若手の中で居る?特にキーボードって居ないんですよ!
俺は育ってないと思うんですよ!
俺が聴いて、このピアノがイイって言う人
あんまり出会わないんですよ
だからもう これは僕の音楽を良く知っている森君とかに
森君の方がハッキリ言う!「居ないな~」って
角松さんできる奴は居ないって!
はっきり言う時は言うんですけど・・・・
去年 「一人います」 それがこのブルーペパーズってか
あのー若手のまだ23歳とかなんですけど、
若手が組んでる、何かいわゆる
昔のAORみたいな事やってんですよ
いわゆるその世代にしては、
その時代が好きな子達がやってるんで
すごく こう業界内では、すごく評価の高いのをやってるんだって
森君から僕 初めて聞いたんだけど 
ともかく 何をやってようが
森君のイチオシって言う腕を聴いて見ようじゃないか
森君が彼だったら 僕は安心して任せられる
要するに 森君の教え子さんなんですね
森塾って音楽のなんかそこに 生徒として
森君の聴講生として来てた
まぁ 23歳で慶応大学卒業
なんかこう素敵な毛並みを感じる!聞くだけではね
それで今回レコーディングがあったから
「森君さ、一回さちょっとその子飯でも食いに行って
紹介してよっ」て、「どんな奴なのか逢いたいから」
っって言ってたんだけど、なかなか時間が無かったから
このレコーディングでもう使っちゃおうと
森君さ一緒に弾いて!って、
森君が一緒に同時に弾いてくれと
だから師匠と生徒と一緒に!
じゃ、森君が「それ!面白いっすね!っ」つて
でも井上君は、多分緊張してたんだろうと思うんですけど
若い子だから緊張してる感じ全然しなかったけどね
うちのスタジオで二人で、せーのーでね弾いてもらったり
あるいは、森君が弾いた上に井上君に弾いてもらったり
そんなトラックも今回の新作に入ってます
これも楽しみでしょ?聴く人はね
井上君!素晴らしいピアニストですよ 
持ってる そのスキルって言うのは申し分ないし、
色んな歌もメロディも使い方もフレーズもいっぱい持ってる
んだけど やっぱり若いからね、
あのー、もっとこう確信をもって表現しなさいと
僕は彼に対して もっと自信をもっていいよ
あなたはもっと確信をもってフレーズをね
まだ、だから色んなカッコイイフレーズってのを
知識として持ってるのを、組替えてるだけな感じだから
それが もっとソウルの中からスッと自然にここは
このメロディに対応したら、このフレーズで行きたいって言う
確信をもって出てくる様になったら
素晴らしいピアニストになるんじゃないかなって思いますけどね
そんな井上薫君が参加してるアルバム
子弟が一緒に弾いている感じで素晴らしいです

|

« 「マンハッタンゴールド」 | トップページ | Cafe bar 101 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 角松敏生ODAKYU SOUND EXPRESS ブルーペパーズ井上薫君について:

« 「マンハッタンゴールド」 | トップページ | Cafe bar 101 »