« バッテリー交換 | トップページ | BMW F30 HADOO Hybrid Run見直し »

2018年12月23日 (日)

BMW F30 HADOO 瞬VT(ミッションアース)

BMWのHybridは、世間では一部酷評ですが!(笑)
ちょこっと試乗しただけではわからない
Active Hybrid 3 オーナーならではでしかわからない
乗り味もあります。
 
この車は二重人格で、必要な時には
そこそこ速いってのが醍醐味だと思っておりますが
街乗り中心の私は、普段はごく普通に・・・・
滑るように走ってくれるのもキモチいいんです
 
ただ一点不満点も有り!
0発進のフィーリングがどうも・・・・
 
Active Hybrid 3は、基本的には停止したら
アイドリングストップ!
通常の発進時は、モーターからスタート・・・・
アクセルの踏み方にはコツが必要で
不用意にグッと深めにアクセル踏んだ時など
車の頭脳がモーターで出ようとしている所に、
深いアクセル開度を車が感知し、途中で急遽
モーター「や~めた」的に エンジンに切り替わり、
バカみたいに急加速すると言うワンテンポ遅れて
ギクシャクする時がイマイチと感じる場面もあります。
 
またECO PRO(エコプロ)モードのもっさり感も
ちょっとイケてません・・・
まぁECO PROって燃費に振ったモードなので
当然そういうモノですが。
一方アクセル戻した時にはエンジンが止まり
ストンと回転が落ちるセーリングモードが
何気に気持ちよくスムーズで節約してる感で(笑)
ECO PROモードも、それはそれでなかなか
捨てきれない訳です
設定上高速でも160Km以内ならアクセル戻せば
セーリングも可能、市街地のEVモードもアクセルワークを
ジワジワとうまく上げれば時速75Kmまで速度が出せます
 
改善としてはコンピューター系CPU・ブースター・チップの方が
手っ取り早いかもわかりませんが、まずは車の本来の能力を
引き出す目的で気になっていた
 
CVT向けの様で「CVTの出だしのフニャが即解消!」との
な宣伝文句なので 出だし感と言う事では共通するのでは
無いかと考え装着
  
しかもハイブリット車は一粒で二度おいしいとか
・レスポンス
・ミッションの繋がり
・モータートルク
・オーディオ
 
事前にメールでお店に一般的なアースケーブルと
瞬VTでは何が違うのでしょうか?と問い合わせた所
「瞬VTは電気を通すだけでなく、
帯電を抜く効果を入れてあります。」との事
 
リヤバッテリー用の5mバージョン
2_4
トランク内
4_2
水抜き穴から
6
水抜き穴下側(水が入らないか心配)
3_3
アンダーカバーをミッションに止めている
ステーのビスと共締め
1_3
5mバージョンなのでこれだけ余りました   
5
お店から出る際 COMFORTモードのまま
普通の感覚でアクセル踏んだら
いつもより、くいっ!と押し出された様な気もして、
あっ!と思ったのが気のせいかどうか(笑)
今後検証したいなと思います。
アクセルのツキは良くなった様な気がします。
 
帰り道は、ECO PROでふんわりアクセルでしか
走ってないので、効果はまだ確認できていませんが
¥35,640円しますのでアースとしては、
少々高額ですので費用対効果どうなのか?
色々なパターンで走ってみて、素人にも効果が
わかるのかどうか検証したいと思います。(51,417Km装着)
 

|

« バッテリー交換 | トップページ | BMW F30 HADOO Hybrid Run見直し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107835/67544759

この記事へのトラックバック一覧です: BMW F30 HADOO 瞬VT(ミッションアース):

« バッテリー交換 | トップページ | BMW F30 HADOO Hybrid Run見直し »