« ギタリストの松木恒秀が逝去 | トップページ | 一十三十一「Ecstasy」 »

2017年6月22日 (木)

フェンダーから多少タイヤがはみ出てもOKに!

覚え書きMEMO(WEBコピペ))
 
クルマのデザインや機能に大きな影響を与えるのが
「道路運送車両の保安基準」だ。
安全な運行を目的とした基準だが、そこに対応するために、
クルマの外観がカッコ悪くなったり機能が制限されることもある。
 
2017年6月22日に保安基準の一部が改正され、自由度が少し広がった。
その内容は車両の「回転部分の突出禁止規定の見直し」と
「排気管の開口方向要件の廃止」というものだ。
そこで国土交通省を取材した。
 
まず「回転部分の突出禁止規定の見直し」だが、
ここで述べている「回転部分」とは、
ホイールとタイヤのことを示している。
ホイールとタイヤがフェンダーからハミ出すことは
従来と同じく禁止されるが、タイヤが収まるホイールアーチの
後端部分に装着されたホイールガード
(タイヤをカバーするように取り付けられる樹脂製の小さなパーツ)
は必要がなくなる。
 
最近は輸入車を中心に、ボディの後方を左右方向から
絞り込んだデザインが増えており、ホイールガードを
取り付ける車種も多い。日本車でもトヨタ C-HRは、
ボディ後方の絞り込みが大きいので、通称「ホイールガード要件」
を満たす目的でホイールアーチの後端に
魚の背ビレのような突起を装着したという。
ボディ形状にもよるが、今後はこういったデザイン処理を施したり、
ホイールガードを取り付ける必要が薄れるわけだ。
 
国土交通省によると「ホイールガード要件」を見直した理由は、
国際協調に基づいている。日本は1958年に
「国連の車両・装置等の型式認定相互承認協定」
に加盟し、1999年には「国連の車両等の世界技術規則協定」
にも加盟している。海外で販売されるクルマや輸入車と
足並みをそろえることも視野に入れ、
「回転部分の突出禁止規定の見直し」を行った。
 
ホイールガードは車種によって無理に取り付けた印象が伴い、
見栄えが良くない。C-HRの背ビレを思わせる突起も同様だ。
「回転部分の突出禁止規定の見直し」が図られたことで、
その車種本来のデザインに仕上げることができる。
フェンダーのホイールアーチからタイヤが大きくハミ出すような
危険を伴うデザインは、従来と同様に違法だが、
主にリアビューの魅力は高まるだろう。
 
またホイールガードの装着には手間を含めてコストを要するため、
少額ではあるがコストダウンにも繋がる
 
17622 Dscf07151
  
http://vehiclenavi.com/archives/15356
  
しかしディラー独自のルールもあるので
実際ワタシのレベルで堂々とディラー入るのは厳しいか・・・
A_0001_3 A_0001_2 A_0002_2
 

|

« ギタリストの松木恒秀が逝去 | トップページ | 一十三十一「Ecstasy」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107835/65445249

この記事へのトラックバック一覧です: フェンダーから多少タイヤがはみ出てもOKに!:

« ギタリストの松木恒秀が逝去 | トップページ | 一十三十一「Ecstasy」 »