« Café de Mari @2015年8月7日(金) | トップページ | 中野 »

2015年7月11日 (土)

「角松敏生レコード“いい音”Live」

株式会社 エルプさんが企画する
光学式レコード再生機
レーザーターンテーブルによる
「角松敏生レコード“いい音”Live」
レコードコンサート行って参りました

2015年7月11日(土)               
横浜市中区山下町31 ミヨシビルB1F  
横浜 クラブリザード横浜
開場14時/開演15時 参加費 :1500円(ドリンク・税込)
A_0045 A_0068_2
当然レコードコンサートには、角松敏生本人の出演はございません。
(主催者の心ずかいで角松私物のギターを借りてきたと言う)
それでも、人数は80~100名くらい集まった感じでした!
A_0061 A_0050
お店は、まんまライブハウスです。
受付を済ましホールへ!既に音楽は流れていますが 
開演時間に近ずく数分間、あえて角松以外の曲をかけ、
客席のどこの位置で聴くのがいいのか!自分のポジションを決めてください!と
粋なはからい BGMは達郎 サザン 佐野元春 大瀧 ユーミンなど・・・・
A_0012_2
ちょっと商魂絡みの企画?とも取られますが!
どうやら そう言う体では無い様で・・・・
(冗談でしょうけども)会社からプレーヤーを持ち出して社長から
お叱りを受けないかが心配・・・・と言うニュアンス
レーザーターンテーブルの宣伝や商品の紹介は一切無し(チラシくらい)

MCを努めるのは、浅野さん風味のフィーリングをかもし出す
エルプの竹内さん、進行が良くて、いかにレコードがいい音で
また角松氏の音楽に対する姿勢についてのウンチクも面白い
A_0057 A_0025
まずは、T's BALLADから Still?だったか
「バラッド」と紹介されてたのがツウっぽくて印象的(爆)

そして、YOKOHAMA Twilight Timeを聴いて
CDとアナログレコードの比較なんてのもやりました

i-phoneアプリで録音したところで違いなどわからんだろうと
思いながらも、ちょっと録音してみましたら 意外にも良くわかる
ピアノがなんだか前面に出てきましたね

私は普段はCDから取った i-podとかで聴いていますが、
音はクリアだし普通に聴く分にはCDに不満は感じていないのですが!
CDとアナログレコード聴き比べてみると、臨場感が無い事に気づきます
特に、本当にライブで演奏するくらいの大きい音でCDを再生すると
音が耳に突き刺さる感じで聴いていられない感じ
ベースやドラムがモゴモゴとした様に聴こえた

YOKOHAMA Twilight Time なにせ昔のアルバムゆえ、
今聴くとダサかっこいい次利さんの、ボヨヨ~んなベース
ポンさんのお約束フレーズなどなど!目をつむれば、
目の前でPLAYをしているかのごとく・・・・ライブ会場さながらの
リアルな音圧で感じられました。

ライブハウスで演者が演奏している様な音量で聴くというのが
今回のツボではないでしょうか!いままで聴こえていなかった
音が聴こえたり・・・・・
まさにコピー文句の時空を超えた音楽空間の再現!
Dancing Shower やI Can't Stop The の最初の
チーンとなるエレベーターや足音の効果音さえも

アナログのアルバム出ていた年代は
SEA BREEZE~Reason for Thousand Loversまで
CDに切り替わったのはBefore The Daylight~あたり

個人的に耳で聴いた感じはBefore The Daylighから
音が変わっていた、今に近いが音がワイドに聴こえた

しかし、レーザーターンテーブルでも、プチプチ音や
音飛びはするものだと言う事を初めて知りました

約三時間くらいでしたでしょうか、曲名は失念
下のリストのような感じ、シングルのB面をかけるなんざ
ちょっとマニアっぽいですね!
ご好意により、スカイハイは紙飛行機アリで(笑)

最初はレコードを聴くだけイベント?
DJイベントならよくあるが・・・・
手持ち無沙汰で退屈にならんかな~と心配してましたが
セレクトが同じTokyo Towerでもシングルバージョンだったり、
B面のセレクトだったり飽きさせない内容でした

セトリ一例順不同

Still, I'm In Love With You
YOKOHAMA Twilight Time
ビートルズ?
Dancing Shower
RUSH HOUR
TAKE ME FAR AWAY
Step into the Light~After 5 Crash
Never touch again
I need you
Heart Dancing(あいらびゅ音頭)
インターバルで(杏里 西城秀樹 ジャドーズ)
I Can't Stop The Night
Girl in The Box~22時までの君は…
Tokyo Tower
Pile Driver
初恋
I Can Give You My Love
飴色の街
YOU'RE NOT MY GIRL (POWERFUL REMIX)
IT'S TOO LATE OVERTURE~SONG FOR YOU~
(CDで)Always Be With You 
Take You To The Sky High

MC抜粋

貴重なアナログレコードは、BEAMSの国分さんに借りてきた
せっかくなので 昨日TKのチラシを印刷した と
Tk

YOKOHAMA Twilight Timeはテイクは同じでもシングルと
アルバムでは音が違う!常に進化させるこだわりを感じた

私物であるギターは角松さんから借りてきた

角松氏が音に向き合う姿勢は宮大工の様なもの

ミキサーズラボの会長、エンジニア現役当時力入れて仕事したのは
角松敏生くらいだと言っていた

当時角松氏音にこだわり 自費で海外でカッティングをしてもらいに行った
 JIS規格が違ったので採用されなかった

最近若いアーチストもアナログレコード出すようになってきたが
音源のマスターがCDなので・・・・・

レーザーターンテーブル海外からお客さんに視聴してもらう時に
INCARNATIOを聴かせたい アナログ化を希望

CDの寿命は30年と言われている、表面がはがれたりする
ハードディスクはクラッシュの心配・・・・
アナログレコード見なおされている

|

« Café de Mari @2015年8月7日(金) | トップページ | 中野 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107835/61877643

この記事へのトラックバック一覧です: 「角松敏生レコード“いい音”Live」:

« Café de Mari @2015年8月7日(金) | トップページ | 中野 »