« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

鎌倉界隈

一度ちゃんと観光したいと思ってますが
音霊くらいでしか鎌倉も訪問する事が有りません

休日の「134」って、渋滞で全然なのですが
この日は平日なので、道路もちょっと流れてるではないですか!
A_0027 A_0020
以前から、江ノ電鎌倉高校前のロケーションがいいなと思ってましたので
時間は無かったのですが、ちょっとだけ車停めて見学してみました
A_0116 A_0069
駅は西で言う朝霧駅みたいな感じですな・・・
Gura A_0071
なにやら時々マスコミで取り上げられるという踏み切り、
アニメのシーンで出たとか・・・現地へ行くと海外の(アジア系)の人達がたくさん
A_0080 A_0074
高校時代にこんなロケーションの駅で毎日通学できたらいいな~なんて

音霊終了後、お友達にシラス丼を食いに連れて行ってもらいました。
しらすや
A_0110 A_0099
喫茶店みたいな店構えですが、駐車場もありなかなかです!
人気店みたいですよ!

せっかくなので 生しらすの シラス丼にしてみました。1080円
A_0056 A_0058
けっこうボリュームがあり、さすがに最後の方は,飽きまして・・・
二色丼、三色丼の意味がわかった(笑)

おまけ
音霊では、軒先パーキング使ってみました
2000円で選んだところが結構遠かったw大失敗
砂利でホコリも立ちそうで環境も悪っ(笑)
(平日なので最大料金の安くて近いのがいくらでも有りそうだった)
A_0083 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角松敏生 Performance 2015 in 音霊

音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2015
TOSHIKI KADOMATSU Performance 2015 “in OTODAMA"
A_0111_2

A_0034 A_0036

A_0039 A_0086 
2015年7月31日(金) 晴れ 酷暑 約二時間!

OPEN 17:00 / START 18:00
音霊 OTODAMA SEA STUDIO (神奈川県 鎌倉市由比ガ浜海岸)
http://www.otodama-beach.com/  前売 7400円
角松敏生 (Gtr/Vocal)/山内 薫 (Bass)/鈴木英俊 (Gtr)/森 俊之 (Key)

毎度ながら個人の為の単なる覚え書きMemoですのでご容赦を。

衣装は白のパンツ、GSROと書いた青のタンクトップ
顔とカラダは、出来立ての赤い系日焼けのあと
オープニングは、赤のMoonのギター
  アンプ上には簡易式の酸素吸入の缶も準備(笑)

ライブ出だしは、ちょいMCスタート

今年は音霊、初めてSOLDOUTした!
81年21歳の時デビューして、
最初の一・二年は鳴かず飛ばず・・・・
最初の所と事務所も移籍して、
これで駄目だったら辞めると自分の中で思ってた。
その時初めて自分でセルフプロディースしたアルバムが
ちょっとひっかっかり、小ブレークした
そのおかげで35年にわたる活動が出来た
ターニングポイントの重要アルバム。83年にリリースした
ON THE CITY SHORE から今日は演奏

暑いですね!暑いといえば?
(客)ラテンだね!
(角)ラテンだね!といいながら、
この前のツアーで使った「どこでもラテン」の小物
グラサンと、手の袖につけるフリフリのをゴソゴソと装着
チェピート角松へ変身
(これで減価償却完了 だとか・・・・)

セットリスト

1 OFF SHORE
2 ANKLET
3 SUMMER EMOTIONS (REBIRTH1 Ver)
4 A Widow on the Shore (REBIRTH1 Ver)
5 TAKE ME FAR AWAY
6 LET ME SAY…
7 夜の蝉
8 DREAMIN' WALKIN'
9 134
10 夏休み
11 浜辺の歌

Encore
12 CATCH ME
13 TAKE YOU TO THE SKY HIGH
14 Wave

More encore
15 桃色の雲

A_0085_2 MC覚え書きMEMO-------------

アルバム創った当時、上の力を借りず
青木さんや友成さんを見つけてきて自分達で
セルフプロでユースする事やったら一番当たった!
もう少し自分の事信じていいと言う感じになった

ON THE CITY SHOREの世界観は、海とか男女とか夏に
特化したイメージで時代にマッチングした
サーファーブームとかそう言う時代のニーズに合ったが、
僕自身はそうではなかった、妄想少年だった、
実際の女性に対しての現場は全然駄目女性に振り回された、
高校の時に素敵な彼女が出来た!その彼女がグラムロック
(ビジュアル系)が好きだった、だから、必ず化粧させられた!
「トシ~、トシ化粧したほうがカワイイよ」と言われて
そーかーと!そのまま言いなり、挙句の果てふられる!

デビューしても、ただの音楽バカ、実生活は地味なもの
しかしこう言う作品を創っていると周りが集まってくる・・・・
学生サークル(サーフィン)の連中に湘南などに付き合わされた
彼らは 浜辺で一枚目二枚目のアルバムをラジカセで
大音量でかけて今日コレ唄っているヤツ一緒に来てるからと
ナンパのネタにするわけ!
女「誰?誰?歌手って誰?」
「角松敏生」
女「知らない・・・・・・」
「知らないの?」
女「ウン角川博なら知ってる・・・・」
そういう時代です・・・・・

A Widow on the Shore
サーファーの友達が彼女を連れてきて
彼女はひとりぼっちになる、私はダンナを取られた
未亡人のようなものと言っていた
一般の人でも時々刺激的なことを言うもんで
そう言うの聞き逃さず取材して吸収して
貪欲にやってた時代に創った曲

TAKE ME FAR AWAY
その当時しょうもない若さの自分があったわけですが
そんな中で、自分はこう言うレベルでいたら
アカン!と・・・・で、
そうだニューヨークに行こう!突然!
その先の作品 AFTER5に次への指標になった大事な曲

LET ME SAY…
バラードのしっとりした曲、亡くなった青木さんが
「おまえのバラードで一番好きなのはコレだ」と言っていた曲 
23の時に創った曲 23って凄くないですか?
今の23と比べるといい時代だった

蝉のMC(内容はいつもと同じ話)
--------------------------------------
音霊
セトリの選曲は、最近のレギュラーコンサートでは
なかなか、聴きたくても聴けない昔の海夏リゾートっぽい
やつとかもやってくれるのでいいですね!
普段そっち系の曲をやらないとお嘆きな紳士淑女にはぜひ
過去の音霊のセトリのくり返しというパターンは、同じ場所で
同じ曲を聴くと言う軽井沢のスタイルと同じ様な感じなのか!

角松氏ご自身は、(一部の?)昔の曲は稚拙で、そのまま
唄ったり演奏は出来ないと言う様な発言MCも・・・・
SUMMER EMOTIONS A Widow on the Shoreは
REBIRTH1バージョン!
昔から何百回何千回聴いている様な、仲間内の間では、
やはりオリジナルの方が言いと言う意見もチラホラ!
逆に他の曲は、オリジナル風唄い方なので!
今そのまま聴けるのは凄い事だと、
また、この日は声も出てて良かったと

当然ハコにはエアコンなんざありませんから
暑さの為、お客もハイテンション割り増し!
CATCH MEでは、餅まきのごとく、なんやら角松氏が
ステージ上からジュリアナセンスみたいなのを
客席に何本か投げ込み会場が湧くというシーン
Let's Doing みたいな・・・・(笑)
お客もDISCO CLUBチックなノリになって一体感的な
盛り上がりがかなり面白い!

Waveでは、し~んとしっとり唄ってた時
"ゴン"と角松氏マイクに頭ぶつけてました(笑)

ドラムレスのライブですが、やっぱ個人的には
ドラムの音圧が欲しいですね~!
バックトラックのホーンとかが豪華で逆に贅沢なカラオケ
感でちょっと寂しいかな~
鈴木さんの個性前面のギターがカッコいいですね!

聞いた話しによると 前日の30日とセトリの違いは
CATCH MEと桃色を差し替え
モアアンコールに桃色(30日は無し)だとか

来年も一杯になりますように!との事ですよ!
A_0043 A_0088_2

東京FMの小田急サウンドエクスプレスの
インタビューの現場も目撃
Aaa

コレは、一年一度音霊の時に稼動します。
A_0112_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

職場引越し

職場の引越しがありました!

トイレで洗面所の手洗いの隣にこんなものが・・・・・
蛇口ひねると、ぴゅーっとこっち向いて水が出てきて
ビックリした!便所で水飲みか????...
ボタンを押すと洗浄トイレのごとく
水がシンクを廻ります・・・・・
予想では歯磨き場では?と推測

A_0002_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

カロリー0

カロリーゼロのものは
いくら食べてもゼロなのでしょうか?
A_0001_2 A_0006_1

A_0007_1_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

店長

なかなか店長の撮影は難しい
A_0001_1 A_0002_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

軽井沢~群馬

そして!軽井沢のついでに少し足をのばし群馬まで

行く道すがら、もう旧車の匂いがします(笑)
A_0141 
ここは????何でしょう? (入っていませんよ)
A_0337

立ち寄り先は、伊香保おもちゃと人形博物館!
http://www.ikaho-omocha.jp/    入場券とキューピー                 
A_0145 A_0150
しかし凄く大きい建物です・・・・
閉館近い時間帯だったのでお客さんも、ほとんどおらず・・・・貸切

おもちゃには関心ないので 、足を踏み入れた瞬間
あちゃ~ 失敗か?と思いましたが
A_0152 A_0151

A_0153 A_0157
色々ディスプレーあって すこし歩くと
『昭和レトロテーマパーク 駄菓子屋横町』 やら
A_0155 A_0166

A_0178 A_0177
レトロと言っても4~50代向けの内容もあります
A_0170 A_0160 A_0167

そして 『自動車博物館』 車は70台くらいとか
昭和の再現のスケールが結構本格的でかなりすごい
まるで 棚にコレクションしているような
A_0185
スターな車種ばかりでなく 大衆車があるところがミソですね
A_0193 A_0196

A_0197 A_0199

A_0209 A_0224
A_0225 A_0228
A_0219 A_0218
A_0240 A_0244
A_0272 A_0280
A_0265 A_0254
A_0256 A_0329

マンガのやつ 我々の年代ではないのでイマイチ値打ちは感じませんが(笑)
A_0201 A_0198
A_0202 A_0200
映画のやつらしいです
A_0305 A_0304

A_0326 A_0330

何と入場券と一緒にもらったキューピーは自家製の様・・・・
A_0332 A_0333

そして 一番大失態だったのは、ここだけは立ち寄る事を決め
帰りに食べて帰ろうと思っていた モツ煮込み・・・・・
永井食堂 お休みだった
A_0345

長野~群馬な連休でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽井沢二日目

行く所もノープランだったので、とりあえず
プリンスショッピングプラザをウロウロ!
9時半頃でしたが、既に渋滞すごいです
A_0096 A_0404 
アウトレットは、ペット王国ですね!
関東はこの日梅雨明けしたとか

基本に立ち返って観光ガイドに沿ったところに
A_0403 A_0098
A_0112 A_0113
このZいつも気になるのですが、オブジェ? 不動でしょうか
A_0091 A_0092

観光者向け人気店 行ってませんが  
蕎麦川上庵と隣のレストラン酢重正之       わかどり 
A_0118_2 A_0102_2

(写真左)作りたてジェラート リビスコ、警備員まで配備 昨日はガラガラだったのに
A_0101_2 A_0111
           これはコロッケ行列ですよ!
A_0116パン ASANOYA
            
ジャムが有名な沢屋!
ガイドには、ピロシキが有名だとか・・・・さっそく!
A_0108

軽井沢ニューアートミュージアム 
2012年に出来て一度も入ったことが無かった・・・・
A_0138 A_0136
写真写していいかわからなかったのであまり撮ってませんが
色々ありました
A_0129 A_0127_2
この絵 一枚570万円らしいです。http://knam.jp/

そういえば、ベタ過ぎて!食べた事も無かった
腸詰屋、ランチ頼んでみました
店に並んでいる販売用のは、種類かあって美味しそうだったですが
コレは失敗した~何種類かのソーセージがボイルされたやつ・・・
見た目でわかる様にイマイチっ!
焼いたウインナーのほうが良かったか
A_0124 A_0122

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

角松敏生@軽井沢大賀ホール 2015 “Tripod Ⅵ”

TOSHIKI KADOMATSU Performance 2015 “Tripod Ⅵ”
◆2015.7.18(土) 軽井沢大賀ホール 開場.18:00 開演.18:30 
一階A-B列 

今年も元気で生きていると言う事で、行って参りました!
A_0382 A_0381
週の中程は台風で、天候が怪しいところでしたが
当日は朝~昼過ぎまでは軽井沢も雨でしたが夕方には止みました

毎度ですが!日記はレポではなく
個人の覚え書きでございますのでご容赦を
A_0397 A_0395 A_0396
A_0398 A_0399
軽井沢大賀ホールも10周年、鍵盤部結成7年
鍵盤部 部長:小林信吾 マネージャ:森俊之 特攻隊長:友成 好宏

年々進化、音を小さめに!生の声の細かな発声が感じられる様に
去年は確かピアノのフタを取り外していたが、音響の関係上
今年はフタを閉めているとか・・・・(なので異物が入る心配も無い)

ステージ上には、カホン的な音を出す縦長の打楽器
Gakki
時にシェイカー(マラカスみたいな・・・・)のも出してきて・・・・

衣装は、黒っぽいスリーピースのスーツ、白地にのブルーのちょっと
太い目のストライプのシャツにペイズリー柄の黄色系ネクタイ

セットリスト
1 P.C.H (信吾さんのインスト)
2 AIRPORT LADY
3 RAIN MAN
4 TOKYO TOWER
5 RAMP IN
6 ただ一度だけ~IF ONLY ONCE~
7 夜の蝉
8 My Love (洋楽カバーPaul McCartney)
9 みどりの力(森さんのインスト)
10 君が代
11 IZUMO
12 RUSH HOUR
13 氷の妖精
14 リカー!!
15 I’m Lovin’ You
16 君のためにできること

アンコール
17 TAKE YOU TO THE SKY HIGH
18 NOEND SUMMER
19 THE LIFE~いのち

モアアンコール
20 WHAT IS WOMAN


MCなど覚え書き

◇ただ一度だけ~IF ONLY ONCE~
実はこの曲は高校時代一緒にバンドをやってた仲間の一人が
僕と同い年にデビューして、僕のファースアルバムSea Breeze
華々しくデビューしたが、2000枚しか売れなかった!
一方、バンド一緒にやってたキーボードの女の子
同じ年にデビューして、アレヨアレヨとベストテン入りし
テレビで唄っている訳ですよ
写って「くたばっちまえ アーメン」・・・・って、正直悔しかった、
それから数年経って、彼女達はそのうち聴かなくなりましたけど
僕はじわりじわりとデビュー35周年迎える訳でございます
ALL IS VANITY のアルバムを創った時なぜか
彼女達を思い出した!
ウエディングベルの男版を作ろうと、それがこの曲
20何年ぶりでALL IS VANITYツアーでやったっきり

◇そして、毎年の蝉の話のMCを夏にまた

◇リカー!!で途中で唄い逃して
「ちょっとまって」ってブレイクする ハプニング
「俺っ?」  「俺だ~」
と曲を最初からやり直すハプニングも!

◇親のお墓を見に行く話・・・

◇TAKE YOU TO THE SKY HIGH
紙飛行機バスターズのお姉ちゃん4名ステージへ!
今年はゆかた姿です!
     ↓この売り子の人達でしょうか
A_0095
◇アンコールの恒例化しているんじゃないかと言う意見もありますが
聴いてくれる人がいるだけ幸せですよ!

◇来年は35周年横浜アリーナを決行する事になりました
だんだん!早く決まったとか言いたいんですけど
色んなチケッテットの都合がありまして・・・
7月の上旬の土曜日です!
僕の知り合いにお坊さんのファン居るのですけど
「良かったぁ~お盆と重ならならなくって」といわれた
----------------------------------------------

WHAT IS WOMAN 去年と同じ様に
PAを可能な限り絞りピアノも唄も生で聴いているかの演出
少々聴き取れにくかった

選曲はやはり、毎年同じ場所で同じ曲を
という方向性に変わりないようです
Set
そろそろ一新も期待したい所

さて
軽井沢恒例とされる方は・・・・・
一年先の海の日界隈の宿の予約をしなければね(笑)

あと!ウチワ内の話で!横浜アリーナはいつ?って話ですが、
7月の初旬の土曜日と言う事になると
2日か9日・・・・・・
かねてから7月の吉日とMCしていたので・・・・
9日の大安か?っと言う予想になっていますが・・・・
自分の過去MC覚書き見て(笑) 吉日とは書いてあるが
大安とは書いてない・・・・がこれは・・・・
どう解釈するかな・・・
201607

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽井沢

ここ何年か、毎年7月は軽井沢にリフレッシュに

今年は台風の影響で天候は雨!
A_0007
渋滞する時間帯ではないでしょうけど、習慣で!
高速道路 いつもの通り一つ前の 松井田妙義で降りて
碓氷峠を! 結構な霧が

軽井沢も、毎年行っているおかげで
行ってみたいと言う観光地が思い浮かびません

ネットでちょこっと調べ!
特に絵心がある訳では無いですが・・・(笑)
思い立って 千住博美術館へ立ち寄ってみました
http://www.senju-museum.jp/
凄くオシャレな建物で時間がゆっくり流れています

A_0026 A_0014

Senjyu_2
館内は撮影禁止の為 パンフレット
A_0347 A_0020
左の、床に水を張った絵も雰囲気があったかな。
まぁまぁ良かったです!
パンのASANOYAも入ってました

道路沿いに人だかりが・・・・何?と言うことで覗いてみた
ガラス体験のお店な様で・・・・
A_0033 A_0362_2
お子様連れの家族連れが多いので、ちょっと場違い感(笑)

軽井沢といえば・・・・長野 ソバが名物なんですね!
川上庵が超有名ですが・・・・
千住博美術館のはす向かいに 「蕎麦.かぎもとや」が
あったのでそこに入りました。(この店もおすすめに出ていたので)
A_0365 A_0041
A_0040
メニューで何がいいのかちょっとわからなかったのですが、
けんちんがセットになってたものを注文! 麺が太め!
つくずく思ったのですが、やはり素人には味が
わからないですね(笑) 普通に美味しかった!

軽井沢なら車好きが集うと言うカフェGTが有名ですが、
最近は営業されているのでしょうか?
今年は、WEBで見た、車系のカフェMOTOCAFEというのが
どんなものかと・・・・立ち寄ってみました
A_0051 A_0043
A_0371
キャッシュオンタイプのお店ですので、カフェGTの店主や客と
コミュニケーションを取るタイプのお店とは違う雰囲気のお店。
ポルシェオーナーが喜びそうな! 

夕方まで時間があるので、どこで時間をつぶそうかと・・・・
去年も温泉行ったので・・・・・今年も温泉?
星野エリアのトンボとか超人気スポットは避けて

ホテルグリーンプラザ軽井沢と言う
周辺に、軽井沢おもちゃ王国・プリンスランドゴルフクラブ
軽井沢白樺高原教会など様々な施設を併設する一大リゾートA_0083 A_0068
ここのホテル木造なのか?すごい!https://www.hgp.co.jp/
A_0078_2
そのリゾート内にある「奥軽井沢温泉「暁の湯」 日帰り1230円
浅間山の麓地下 1,600 mから湧く天然温泉
茶褐色の濁り湯はぬるぬるしてるので雰囲気があります
若干、年代なりの老朽を感じるものの
建物内露天4種あり、お客さんもまばらで湯船は
貸切状態なのでイモ洗い状態がニガテな人にはおすすめ
A_0061 A_0062

軽井沢といっても群馬嬬恋なので車で4~50分走ります!
A_0085

さて!ライブのはじまる夕方までぷら~っと一廻り!軽井沢散策
ガイドブックで有名になっっている ジェラート屋
雨の後夕方だったなので、がら~ん
A_0390 A_0388
ブルーベリー
店主も天候によって出る数が左右されすぎで・・・・
仕込み考えるのが大変と困った表情しておられてました

ホテルは二回目のチサンイン(シングル¥14,686)
A_0055 
アパは高かった・・・・ 素泊まりシングル2万円くらい・・・・
しかしシーズンのホテル価格といったら
いい商売してますわ

でも軽井沢の夜は早すぎですね・・・・
お店の閉まるのが早い事・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

Café de Mari

Café de Mari 落選

Mizuno_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

中野

今年も中野の土曜日のチケット一本釣りなんとか・・・・
A_0032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

「角松敏生レコード“いい音”Live」

株式会社 エルプさんが企画する
光学式レコード再生機
レーザーターンテーブルによる
「角松敏生レコード“いい音”Live」
レコードコンサート行って参りました

2015年7月11日(土)               
横浜市中区山下町31 ミヨシビルB1F  
横浜 クラブリザード横浜
開場14時/開演15時 参加費 :1500円(ドリンク・税込)
A_0045 A_0068_2
当然レコードコンサートには、角松敏生本人の出演はございません。
(主催者の心ずかいで角松私物のギターを借りてきたと言う)
それでも、人数は80~100名くらい集まった感じでした!
A_0061 A_0050
お店は、まんまライブハウスです。
受付を済ましホールへ!既に音楽は流れていますが 
開演時間に近ずく数分間、あえて角松以外の曲をかけ、
客席のどこの位置で聴くのがいいのか!自分のポジションを決めてください!と
粋なはからい BGMは達郎 サザン 佐野元春 大瀧 ユーミンなど・・・・
A_0012_2
ちょっと商魂絡みの企画?とも取られますが!
どうやら そう言う体では無い様で・・・・
(冗談でしょうけども)会社からプレーヤーを持ち出して社長から
お叱りを受けないかが心配・・・・と言うニュアンス
レーザーターンテーブルの宣伝や商品の紹介は一切無し(チラシくらい)

MCを努めるのは、浅野さん風味のフィーリングをかもし出す
エルプの竹内さん、進行が良くて、いかにレコードがいい音で
また角松氏の音楽に対する姿勢についてのウンチクも面白い
A_0057 A_0025
まずは、T's BALLADから Still?だったか
「バラッド」と紹介されてたのがツウっぽくて印象的(爆)

そして、YOKOHAMA Twilight Timeを聴いて
CDとアナログレコードの比較なんてのもやりました

i-phoneアプリで録音したところで違いなどわからんだろうと
思いながらも、ちょっと録音してみましたら 意外にも良くわかる
ピアノがなんだか前面に出てきましたね

私は普段はCDから取った i-podとかで聴いていますが、
音はクリアだし普通に聴く分にはCDに不満は感じていないのですが!
CDとアナログレコード聴き比べてみると、臨場感が無い事に気づきます
特に、本当にライブで演奏するくらいの大きい音でCDを再生すると
音が耳に突き刺さる感じで聴いていられない感じ
ベースやドラムがモゴモゴとした様に聴こえた

YOKOHAMA Twilight Time なにせ昔のアルバムゆえ、
今聴くとダサかっこいい次利さんの、ボヨヨ~んなベース
ポンさんのお約束フレーズなどなど!目をつむれば、
目の前でPLAYをしているかのごとく・・・・ライブ会場さながらの
リアルな音圧で感じられました。

ライブハウスで演者が演奏している様な音量で聴くというのが
今回のツボではないでしょうか!いままで聴こえていなかった
音が聴こえたり・・・・・
まさにコピー文句の時空を超えた音楽空間の再現!
Dancing Shower やI Can't Stop The の最初の
チーンとなるエレベーターや足音の効果音さえも

アナログのアルバム出ていた年代は
SEA BREEZE~Reason for Thousand Loversまで
CDに切り替わったのはBefore The Daylight~あたり

個人的に耳で聴いた感じはBefore The Daylighから
音が変わっていた、今に近いが音がワイドに聴こえた

しかし、レーザーターンテーブルでも、プチプチ音や
音飛びはするものだと言う事を初めて知りました

約三時間くらいでしたでしょうか、曲名は失念
下のリストのような感じ、シングルのB面をかけるなんざ
ちょっとマニアっぽいですね!
ご好意により、スカイハイは紙飛行機アリで(笑)

最初はレコードを聴くだけイベント?
DJイベントならよくあるが・・・・
手持ち無沙汰で退屈にならんかな~と心配してましたが
セレクトが同じTokyo Towerでもシングルバージョンだったり、
B面のセレクトだったり飽きさせない内容でした

セトリ一例順不同

Still, I'm In Love With You
YOKOHAMA Twilight Time
ビートルズ?
Dancing Shower
RUSH HOUR
TAKE ME FAR AWAY
Step into the Light~After 5 Crash
Never touch again
I need you
Heart Dancing(あいらびゅ音頭)
インターバルで(杏里 西城秀樹 ジャドーズ)
I Can't Stop The Night
Girl in The Box~22時までの君は…
Tokyo Tower
Pile Driver
初恋
I Can Give You My Love
飴色の街
YOU'RE NOT MY GIRL (POWERFUL REMIX)
IT'S TOO LATE OVERTURE~SONG FOR YOU~
(CDで)Always Be With You 
Take You To The Sky High

MC抜粋

貴重なアナログレコードは、BEAMSの国分さんに借りてきた
せっかくなので 昨日TKのチラシを印刷した と
Tk

YOKOHAMA Twilight Timeはテイクは同じでもシングルと
アルバムでは音が違う!常に進化させるこだわりを感じた

私物であるギターは角松さんから借りてきた

角松氏が音に向き合う姿勢は宮大工の様なもの

ミキサーズラボの会長、エンジニア現役当時力入れて仕事したのは
角松敏生くらいだと言っていた

当時角松氏音にこだわり 自費で海外でカッティングをしてもらいに行った
 JIS規格が違ったので採用されなかった

最近若いアーチストもアナログレコード出すようになってきたが
音源のマスターがCDなので・・・・・

レーザーターンテーブル海外からお客さんに視聴してもらう時に
INCARNATIOを聴かせたい アナログ化を希望

CDの寿命は30年と言われている、表面がはがれたりする
ハードディスクはクラッシュの心配・・・・
アナログレコード見なおされている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

Café de Mari @2015年8月7日(金)

[NEWS]

◆ライブ出演情報! 【 Café de Mari 】 2015/7/9更新 new!


杉山洋介がオーナーであるcaffe bluにて、
ミズノマリとギタリスト樋口直彦さんのデュオライブを行います。

【日時】:2015年8月7日(金)
【会場】:caffe blu(西武池袋線江古田駅北口すぐ)
【時間】:open:18:00~ (開演は19:00頃予定)
【料金】:5,000円(music charge+1plate dinner&1drink)
【LIVE】:ミズノマリwith樋口直彦(gt)

東京都練馬区栄町32-2 江古田ビル2F
TEL:03-6763-0908
URL:http://www.caffe-blu.com/

※お申し込みは2名様まででお願いします。
※予約完了のお知らせ、又は、キャンセル待ちのご連絡は、メール送信にて行います。
 また、問い合わせフォームは自動返信ではございません。
 お申し込みから数日以内にメールを送信させていただきます。
 迷惑メール設定などによりPCからのメールを拒否されている方もいらっしゃると思いますが、
 coolism.comというドメインから送られるメールが受信出来るように設定をして下さい。
※キャンセルは早めの連絡をお願いします。

【ご予約開始日】
2015年7月12日(日) 12:00~

【予約方法】
paris matchのHPのMAILのところから「お問い合わせ内容」の欄に、
【 Café de Mari 】のご予約の人数(1名or2名)を記入し送信してください。

※チケットのお問い合わせはこちらのお問い合わせフォームにお願いします。
※お客さまからお送りいただきました個人情報に関しては、当社個人情報保護方針により、責任をもって管理いたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »