« 覚え書き | トップページ | GT »

2014年6月 7日 (土)

角松敏生@渋谷公会堂

TOSHIKI KADOMATSU Performance 2014 "THE MOMENT"
2014年6月7日 渋谷公会堂!
Img_0003

行って来ました。
レポではなく個人の覚え書きメモですのでご容赦を

16:15会場 17:00開演 1階1列28番
今回は、何と一列目に当たりました

気候:雨・・・難儀です、結構降りました
車は、アローパーキングへ 24H2000円徒歩5分

いつもの会場内駐車場チェック
横浜ナンバーのBENZ E250は、STBにも
停まってましたので 本田さんのでしょうか
(おとなしいセダンで意外にもオーソドックスなイメージ
 しかもサイドスカートがペコってるしw)
Img_0002
渋谷公会堂といえば。その昔よく
『8時だョ!全員集合』『ザ・トップテン』でお馴染みの(笑)
お友達からは『カックラキン大放送』の名も(爆)
名前は知ってましたが、来るのは今回が最初で最後になるのでしょうか!
Img_20140607_165032
Img_0001
なんでもインフラは、2015年に解体され、
建て替えで2018年に新装オープンするらしい

個人的なイメージでは、もう少し大規模なホールかと
思っていましたが意外にこじんまりとしてます。
20140607_202812_
角松氏、 長さんが あのあたりの花道から出てきて・・・・
なんてMCしてました。
20140607_202726_

このツアー地方、は動員悪く、討ち死にだとか
しかし広島など当日券が伸びた
ただ、仙台この前一般で 買った人が12列目だとか
本丸 渋谷は、ソールドアウト

◆musicians
玉田豊夢:Drums  山内 薫:Bass  鈴木英俊:Guitar
森 俊之:Keyboards  本田雅人:Saxophone
小島恵理:Background Vocals vahoE:Background Vocals
SHIENA
MAO(厚澤真央)
クワイア20名
(小島ボーカル教室Gr・広島紫藤Gr・ゴスペルTEAM)

衣装は、ラフパンツを彷彿させる、白にまだらの様な柄の
角松さんでないと なかなか着こなせない様な3ピースのスーツ
靴は赤っぽい茶の革靴、赤いベルト
片桐さんのブログの写真のバンツの柄です
http://ameblo.jp/clubmays/image-11872767181-12965438637.html

角松氏 この日は グリーンっぽいギター
FBでお友達が指摘していましたが
見たこと有るような~無いような~・・・・・気がしてましたが
いつものArtTechのブルーの虎目のではなく
指板もカラーを施されたヤツ
ヘッドには moonと書いてた(多分)
去年FB出てたニューモデルなのでしょうかね ??

★ネタバレあり

今から行く人は読まない様に!

5:00始まりで 比較的早いので進行はまったり

コンサートで演奏して欲しい曲リクエスト投票は
結果・・・・内容があまりに普通で・・・ 失敗だと

総数 2500票
第一位でも140票
3位までが三桁
20位まで二桁
20位以下は一桁
230位まで有った
ドリカムの人気投票とは違う!
凍結前一曲 解凍後一曲なんかが良いなと思った

もしかしたら年末、中野あたりで
やったら来てくれるかな 性懲りも無く! ・・・と

再来年の35週年、横浜アリーナの為
種?まいておく・・・と

OPENING ACTはCDとは違い演奏版
小島さんの娘 SHIENAさん 裸足でステージ
狭しと駆け回りながらテンションが違う

【角松敏生 渋谷公会堂 6/7 セットリスト】--------------

01:OPENING ACT fact SHIENA
02:初恋 (投票2位)
03:THE BEST OF LOVE(投票5位)
04:Melody For You (投票3位)
-MC-
05:The Moment of 4.6 Billion Years ~46億年の刹那~
06:Still, I'm In Love With You (弾き語り) (投票9位)
07:君をこえる日
08:DISTANCE(投票8位)
09:AUGUST RAIN (日替わり)
-MC-
10:I SEE THE LIGHT~輝く未来~feat.MAO
-MC-(クワイア入場)
11:Get Back to the Love

12:SHIBUYA(20位に入っていない?)
13:飴色の街 (投票6位)
14:Tokyo Tower
15:GIRL IN THE BOX
16:もう一度…and then

アンコール
-MC-
01:Ramp In (投票1位)
-MC-(クワイア+MAO 入場)
02:Waになって踊ろう(投票一票も入らず)
03:スカイハイ(投票一票も入らず)
04:No End Summer

モアアンコール
01:All Life is Precious(投票15位)

--------------------------------------------------

デュエット相手公募、最終 四人が残った
一人は、来なかった
一人は年齢を偽ってた!→履歴書に25歳たぶん
     と書いてあったw(唄は上手かったが)
 
 
大阪の人埼玉の人どっちも良い悪いつけられない
ので二人準グランプリ 
その一人 厚澤真央(あつざわまお)さん 埼玉23歳

ウチの娘が見に来ているから鋭い視線で見られてます
ラプンツェルをチアキと僕がディエットしてるのを
聴いて娘が、なんでママじゃないの?
パパこの人と結婚するの?・・・と
(まだ結婚の概念が良くわかってないが)
でも、(今日は?)  リハの時 拍手してましたから
子供の心ゲットしましたね!
ちなみにウチの娘は6歳になったら
僕と結婚してくれるそうなんです。
(たぶん8歳くらいには離婚するつもりだと思います?)

確か以前、角松氏
「もう一度…and then 」とか 唄うのは大変なので・・・・・
的な事を聞いた覚えがありましたが、やってくれましたね
聴く側としてはやはり、たまに生で聴くといいですね~

「アンコールに体力の使うバラード」がw 的な ボヤキも
されていましたが、Ramp Inも 体力使うのですね・・・・・

All Life is Preciousは
解凍後の曲で上位ランクインとか

06:Still, I'm In Love With You は唄い方変えすぎで
 周りのお友達の感想は、なんとなく不評 (貯め過ぎw)

ミュージシャンの演奏はいつも通り安定してて
特に玉田君も人気・・・・

新曲は、やはり事前に予習で聴いてからライブで聴くのとは違いますね
今までよりは、自然に聴けました。
・・・・でも やはり個人的には 長くて若干飽きる(笑)

一列目で見てて目に留まったのは、ハンドマイクの時マイクを
寄せたり 離したり (演歌歌手みたいに) 調節している(癖なのか)
なんだか素人の私でもアウトプットの音が、ちょこっと違和感の
有る感じだったでしょうかねぇ 裏目に出てるのか?、

ライブは時間が長いので、高目の入場料でも、
損した気にはならないですね~
音圧もライブならではの臨場感

ネタ調達の検索してたら
モータージャーナリストの竹岡圭さんも来ていた様・・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/kei_takeoka/64544523.html

|

« 覚え書き | トップページ | GT »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107835/59784426

この記事へのトラックバック一覧です: 角松敏生@渋谷公会堂:

« 覚え書き | トップページ | GT »