« 一十三十一 『Surfbank Social Club』MV | トップページ | 一十三十一@ビルボードライブ東京 »

2013年8月 9日 (金)

音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2013 TOSHIKI KADOMATSU

お知り合いとの話題の中で、最近つぶやきですまして
日記でライブ模様書く人が だんだんとね~
と言う話があったので、ちょっくら筆を・・・
と言いますか 個人の覚え書きですので誤字脱字
ニュアンスの違う所ははご容赦を(笑)

音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2013
『TOSHIKI KADOMATSU Performance 2013 in OTODAMA』
角松敏生 音霊 2013 行って参りました

LIVE IN OTODAMA
夏休みを一日前倒しして参戦
今回で三回目でございます

今年はちょっと余裕を持って行き、
この前MVで見たお隣の逗子マリーナとか
寄り道してみたいなと密かな野望を立ててましたが、
やはり時間切れで断念w
車をさっさと新逗子駅近所のパーキングに停め浜に!

さすがに、もわ~っと暑いです。とは言うものの、
暑い暑いってぼやいてても何も出来ませんって感じの気候ですが
ビーチの海の家の位置にあるOTODAMA会場

ビーチには水着の若者があふれるのを横目に
会場入場待ちには年齢層の高い人たちが集結(笑)
通りがかった 浜のスッタッフらしき人が
今日は、角松敏生なので人がすごい!
イヤースゴイ っと会話されてましたが
へぇ~そうなん?(笑) と 心のつぶやき!
かたや若い子がアーチスト看板見て「ん?」みたいな感じが笑けましたが
Img_0001_1_5 Img_0001_3
Img_0001_4  Img_0001_5
セットリスト
曲目は、OTODAMA定番曲にアンコールお約束曲
各企画で演奏した曲ちりばめてMIXした、
いつものやつ的感じの内容でございました

1 BEAMS
2 Secret Lover
3 Never touch again
4 take me far away
MC
5 Still I'm in love with you 
6 砂浜
MC
7 FANTASY (カバーインスト)
8 Night Birds Live(カバーインスト)
9 134
10 桃色の雲
アンコール
11 TAKE YOU TO THE SKY HIGH
12 No End Summer
モアアンコール
13 Wave
モアモアアンコール
14 浜辺DAYS

2013年8月9日(金)
山内 薫 (Bass)・鈴木英俊 (Gtr)・森 俊之 (Key)

MC抜粋

軽井沢と一緒に恒例行事化して毎年安定しているやれている
今年は久しぶりに2DAYで9日はSOLDOUT
この場所でお客さん的にはなるべく
SOLDOUTOして欲しくないと言う感じでございます(笑)
人が増えここ500人はいるので、変な病気を移されない様に

レコード会社のしがらみで
初めて夏フェス(情熱大陸)誘われた
音楽的には全く接点が無いのですが
(葉加瀬)太郎君とは昔から知り合い

このイベントはイベントのファンがついている
いつも来るお客さんは心得ていて
これから畑行くだろうみたいに頭から手ぬぐいの上に
麦藁帽に熱中症対策しててクーラーボックスもって来てて
毎年のしきたりの様な感じ、私みたいに突然そういうところ出ると
私のファンは喜んでいく訳ですが事情を知らないので
クロックスで富士登山するようなもの
行く人は心して行って下さいと
普通な感じで行かないように

ネタバレすると一曲目はizumo
フミヤ・マーチンのファンなど
僕をはじめてみる人は
ポカーン
この曲はどうやって乗るのかな?みたいな

演奏はハウスバンドが全アーチストのバックを演奏する
曲が多すぎて、どの曲が誰かわからなくなる
俺の曲は絶対忘れない様に、この曲を選んだ
ハウスバンドは僕のセットが終るまで気が抜けないとか

昼間からセッティングしてたら
舞台監督から聞いた話ですが
外がすごいじゃないですか
女子がっ 若い女子がっ
ブンブンブンな感じの凄い訳じゃないですか
その女子が来て
関西からのお客様だったみたいで
「キマグレンのライブハウスやー」
「今日誰が出んの?ん?」
「かくまつとしお」「しらんなー」
角「知らんでええー」←なぜか関東の人が真似る関西弁風
「いっこもあってない」
外に向けて 「聴いて帰れーお前らー」

会場から「早いけど誕生日おめでとう」
もう誕生日を超えると次の歳を頭にインプット(今53だけど54)するんですよ
そうすると、53歳おめでとうございますと言われると
あっまだ53だったかと、思えるとか

情熱大陸とか出ると、ここのお客さんを見て
我が家に帰ってきたような気になる。
ウチの客はこうじゃないとね~
僕が作るライブじゃないとこうはならないと・・

皆さんありきでございますので
毎年集まっていただける方々がいると思いますが
軽井沢ファン OTODAMAファンと居るんですが
皆さんと来年も元気にお会いしたいなとおもいますので
角松さん体に気をつけてくださいねとよく言われるんですが
みなさんもっ!ダッシュ(走り出す様)

アルバムのレコーディング
え~あの~
SONYレコードさんは三ヶ月前納品
2月発売?で12月までに完成しなければいけないと
言う事で・・・・
長い新曲レコーディングしているんですが
他にも曲いっぱい書くつもりです・・・・
(泣き節で)
なーんにもやってないんですーdashげっそり
どーじよーcrying
ほんとに大変なんです~sweat01

今年こんなに忙しくなんなかったら~
えぇ~ぁ~ そう言う状況です

いろいろな所で言っていますけど
子供が生まれて20歳まで

まず一つお願いしたいのは
17年居てっ!
会場爆
色々あるんです お願いしますっ
17年やり続けなければいけないんですが
先輩で、ポールマッカートニーが71歳と聞いて
若いな思ったりしますから!ただ一人70歳越えて
これはすごいなって思う人が居る
それば、加山雄三さん,OTODAMA出てるんです
山内さんが加山さんのバックやっている
聞いたらタバコ酒は召し上がらないけど
ただ食うらしいです、とてつもなく食べるらしい
70過ぎて食えているってことがすばらしい普通食細るんです
ウチのオヤジも80過ぎて仕事してますんで
みなさんあと10年~15年よろしくお願いします

僕最近だんだん年取ってくると
一生懸命やる事が必死でショーアップとか
全くどんどん考えなくなる
若い頃は、おねえちゃん大スキーぃっって言うのが、
歳を取るとだんだん恥ずかしくなる
ところが、OTODAMAは過酷で必死なんです
自分を上げないとやれないんですグッド(上向き矢印)
OTODAMAに来るとちょっと、カッコいい僕に会えます
自分を盛り上げないと、やれないんですっ!
また次のライブでは初老の角松の戻ります。山羊座

|

« 一十三十一 『Surfbank Social Club』MV | トップページ | 一十三十一@ビルボードライブ東京 »