« ビルボードライブ | トップページ | 目黒はめぐろでも・・・・ »

2013年6月19日 (水)

この夏は「Surfbank Social Club」にjoinして君もアーバンしてね

一十三十一『Surfbank Social Club』が とうとう発売されました!
ウチにも amazonから来まして 只今ヘビロテ中~
いや~ なかなか良く出来ています。心地よく聴けます
シンベの音質やラインが小憎いです。(波の音のエフェクトも)

Feel Like Bayside Loveって曲名も笑いますね!

歌詞に出てくる単語は、Summer breeze last friday night
week end にride on time  Surf side story などなど 
さんざん使い古された  イヤっ 待ってました感じの
懐かしい空気感がプンプン・・・・

LAST FRIDAY NIGHT SUMMER RAIN的なアッパーな曲が
もう1~2曲あったらよかったけど、ドライブのお供にはバッチリ

ブックレットは,波打ち際系 映画のパンフ風
っと紹介がありましたが、
なるほど CDメディアの醍醐味と言いますか アートワークが
ヤシの木や海など、なかなか キュンと来ますw
http://tower.jp/article/interview/2013/06/19/b1011-hitomitoi
Img_0001

Img_0001_2 Img_0002
Img_0002_1 Img_0003
<サイトよりコピペ>     『アルバム全体について』
前作「CITY DIVE」に引き続き、サマーブリージンな作品です。
「波の数だけ抱きしめて」等、ホイチョイ三部作的な
大人のアーバンリゾートラブ」がテーマであり、
アルバムの中で繰り広げられるドラマは架空の映画のサントラをイメージしました。
作編曲人、アートディレクターは私の敬愛する最高のアーティストであり、
日頃の繋がりを基本として自然な流れの中で人選しました。まさに、
「Surfbank Social Club」的な一体感の中で仕上がりました。
前作よりまた一歩、私のルーツである「BIG SUN
(1978~ の営んでいたトロピカルアーバンリゾートレストラン)
に近づいた気がします。

|

« ビルボードライブ | トップページ | 目黒はめぐろでも・・・・ »