« paris match 10th Anniversary tour 2010 | トップページ | そういえばパリス »

2010年10月18日 (月)

角松敏生川口総合文化センタ-

10月16日(土)川口総合文化センタ-リリアホ-ル
ライブ行ってまいりました!

Img_7776

川口は 同じ埼玉と言う意味で(今の)地元には違いないものの
個人的には 関東ではまだまだ よそ者気分(笑)・・・・
かと言って遠征でも無いので 何とも微妙なテンションでございます!

ちなみに、MCでは角松氏"さいたまんぞう"とはデビュー同期だそう

現場に着いたのは 開演数分前 一応 三階へ座席埋まり具合など
覗いてきましたが(爆)さすが首都圏近郊ソールドにはならずとも
三階までお客さんはチラホラ入っております!

今回のツアーは5人編成なので 三階から見おろしたら ステージの機材類が
ぽつ~んと 小さくまとまってって ビジュアル的には 寂しい~感じ
ステージには 一応 セットらしきものも ありまして高層階から見た
夜の都会の風景画に LEDをちりばめ 夜景を再現したハリボテ
袖に近いところには、小芝居用のバーカウンターのセット
ある意味 なんとも努力の伺えるセット

覚え書き セトリはマイミクさんの日記から借用

川口では 一曲目からお約束のようにスタンディング

浜辺 days
Mrs.Moonlight
Twilight Moody Blues
HOT LAZY NIGHT
After 5 Crash
せめて無事な夜を
Sealine
Friend
La Carnaval
Beams
ANKLET
Fly By Night
Lost My Heart In The Dark
Funky GO-KOHN
134
Take You to the Sky High
浜辺の歌

En
もう一度...and then
Still I`m in Love with You 
NO END SUMMER

More En
See You Again

こうやって見ると 新曲以外は なんだか 普段からちょくちょく
ライブで聴く曲もあり またかsweat01! 的な気が しないでもないですが
新曲についてはは CD発売当初の 今でしか聴けない曲にも
なりえるので 一期一会です。

"せめて無事な夜を"や"Lost My Heart In The Dark"は
は 昨今の曲調と 感じが違うので 随分懐かしい気分に
まっ ココに来て なぜこの曲? てな気がしないでもないですが(笑)、 
Lost My Heartは なんだか のびのびと気持ちよさげに唄ってた様な(笑)

"もう一度...and then" は お客さんは この曲を好きな人が多いが
角松氏自身 唄うのは 長いし、キーは高いしタルくて好きではないらしい
はじめて知った(笑)

Still I`m in Love with Youはさすがに古い曲なので
若い時のまま唄うのは イマイチなのか ずいぶん唄い方
の抑揚変えて唄ってましたが、ちょっと私には ケツが痒いと言うか
違和感があるかな~

今回もブルーレイアルバムの宣伝コーナーにも力が入る
ブレーレイが ビットレートや音域に優れ 来年からの地デジ化に向け
一般化して行き。またブルーレイメディアで ネットとの連携も
将来的には期待できる。らしい 音質重視をいち早く取り入れると言う
心意気が感じられますね! しかしながら 氏の提唱する スピーカー
の前で音楽を聴きなさい という場面は 自分に当てはめると、
ほとんど日常で 皆無でして・・・・またインターネットとの連携と言うものの
角松氏のオフィシャル関係のネット環境と言うものが 会員目線で見る
現状の内容を考えるとネット連動しても その先が充実されるまで
使い物になるのか?と そのあたりも しっくり来ないので、
今は やはり個人的には 富裕層向けなのでしょう

今回は バンドメンバーは四人・・・・去年までの大所帯からすると
なんだか ショボイ様な印象ですが 実際 音に関しては
薄い印象は 全く無く いつもと 変わらない感じ、 
しかし 昨今コンピューターとの同期に いったいどれくらいまで依存
されてしまっているのかが 危惧されるところ・・・
SE・コーラス・リズム・パーカス・シンセまで手弾きでない音も聴こえ
角松氏は 昔から コンピューターマニュピレーターがついて
そっち関係は 先駆けではありますが それが 当たり前になって
違う視点から見れば カラオケ・口パクみたいなもんですから・・・・
知らず知らずのうちに動脈硬化が進んで行く様に(爆)
我々の耳も 慣らされているのでしょ~かね

わたしゃ ドラムの事はよくわかりませんが・・・・
このツアーから ドラムが新入りと言う事で、ブルノの時は 少々練習不足な
印象を受けましたが 今回も 注目して聴いてました やはり若者らしく
結構 力まかせな・・・・ 若い風が吹いてました(笑)
角松バンドでは、アマチュアの様に 曲始まり ドラムのカウントから
はじまるってのは全くないんですね~

ちなみに NEWアルバムひっさげてのツアーみたいなのは
諸般の事情により、今後は予定がたたないそうだshock

今回の9本の全国ツアーは 来年の6月 横浜での周年ライブの
陳情の意味もこめているとか・・・・・
最近ライブの集客も 芳しくないとの事なので 今から種まいて
横浜アリーナは がんばって 成功してもらいたいもんです!
と言うワタクシは先すぎて そんな早よから予定を立てる気にもなれずw(笑)

|

« paris match 10th Anniversary tour 2010 | トップページ | そういえばパリス »