« 六本木 | トップページ | 物欲・妄想 覚え書き »

2010年4月25日 (日)

paris match 10th anniversary special night

paris match
10th Anniversary Special Night
に行ってまいりました
場所は またまたビルボードライブ東京 4月16~17日のうち
17日の1stステージに参戦しました お席は5-C3だったので
5階のほぼ正面から見降ろす感じのポジションで
それなりには よかったかなと・・・・

個人的には ビルボード系のライブは 演奏時間が短いので
どうもイマイチなのですが、paris matchは オシャレ・大人っぽい
coolが似合う様なイメージのあるユニットですから やっぱり
それなりのシチュエーションを勘案すると 雰囲気が有る ここ
ビルボードライブ東京で周年記念をやる事に意味があると思います

そして今回は バックをサポートする面々もプレミアム
松原正樹4ROCKAMBOS+αって感じですが
松原正樹 樋口直彦 村上聖 田中栄二 玉木正昭
南部昌江 堀秀彰 佐々木史郎 山本一 佐野聡 
高山奈帆子 手塚三保
アルバムのオリジナルプレーヤーが多数参加
まさにCDのクオリティを そのまんま持ち出しと言う事が
ようやく実現されました!今まで 2008年よりのfirstツアーから
何度かライブにも行きましたが 諸般の情勢により
なかなかその様な事も実現されなかったと察しますが
さすががんばってくれました
経緯は杉山氏のブログにチラリと記載
http://coolism.exblog.jp/12508518/

二日間四公演とも SOLDだったようなので
キャパが300人超だとすると1200人以上の集客なので
首都圏なら そろそろ ちゃんとした サポートメンバーで
普通のライブも出来そうな勢いではないかと勝手に期待

この日メンバーはみなさんの洋装はフォーマルな感じの黒または
スーツ系でミズノ氏は肩の開いた様な黒いドレス

そしてセトリ【17日1st】
1.太陽の接吻
2.Saturday
3.東京ベイ
4.KISS
5.Stay with Me
6.harukaze(池森秀一さんと)
7.CDG
8.Eternity
9.FREE
10.Passion8 Groove
11.虹のパズル

アンコール
Feel like makin’ love(池森秀一さんと)
Summer Breeze

こうやってみると十周年らしい
代表的な楽曲や このサポートメンバーでこそ
聴き応えのある曲が選ばれております。

1.太陽の接吻
ベタですがやはりオープニングにふさわしい
ノリの有る曲でスタート、各パートソロ回しやらも
盛り込みつつSWINGJAZZ風アレンジにされ軽い仕上がりに

2.Saturday
松っぁんのイントロのギターをところを
ホンモノ聴けるのは感慨深いというか!
心なしかみんながニヤニヤってっ感じでしょうか

3.東京ベイ
出だしの感じがアルバムとは違ったので
おっ!なにっ?この曲?って感じになりましたが
東京ベイとはまた ある意味意外なセレクト
PAはこの曲でハウらせる

5.Stay with Me
ギターがエレアコに持ち替えて ちょっとここから
空気が がらっと変わり ミズノマリのヴォーカルが
ド~んと前面に出て来てトリ肌モン高級感指数が上がる

6.harukaze
DEENの曲だそうで・・・・ゲストの池森氏登場
パリスとやるために創った曲だと言う
さわやかな曲に さすが杉山氏のアレンジだけあって
なかなかカッコよろし

10.Passion8 Groove
11.虹のパズル
結構走り気味のリズムと音の洪水でミズノさんのヴォーカルが
若干辛そうで とっ散らかった感はありましたが・・・・
Paris matchといえば ホーンセクションが重要な
ツボを押さえておりますのでライブでホーンの手を抜くと
寂し~い感じやズッコケた感じになってしまいますが
さすがに今回このメンツですからまんまCDの音で
突っ込みどころはありませぬ いや~満足
あとはベースの村上氏が良かったっすね・・・・
いつもライブでは、端折ょられたベースを聴かされ
消化不良でしたが、さすがはオリジナルベーシスト
グルーブ感と音の切れが格別次回からも起用して欲しいモンです

あとは松原正樹氏のギターにもやられましたね!
さすがに空気を読む男!この人のギターは時に
すっごく引っ込んでしまう事があるのですが
今日は一歩下がってはおりませんでした
ストロークやカッティングで茶を濁すことなく
即興でやってんのか?とも思うごとく
常に音の隙間を埋めて、まさに単独行動(笑)
そのフレーズがそこそこアレンジがカッコいいんですわ
今回は ハコもサポートメンバーも恵まれたライブで
かなり満足度の高いライブでした、
ただ バラード的な曲では ミズノさんのヴォーカルが
かなり実力を出せている様に聴こえるのに対し、
アッパーな曲では若干ヘロったりヴォーカルが聴こえないと言うのが
やはりこれまでのライブの傾向と同じだったのは、ライブの場数を
増やして行くにあたって その様な所が改善されていくのが今後の期待Img_6979

|

« 六本木 | トップページ | 物欲・妄想 覚え書き »