« スイカ | トップページ | 「こんな偶然滅多にない」らしい »

2010年1月16日 (土)

松原正樹 4ROCKAMBOS+@STB139

自分が一番好きなギタリストの
松原正樹 4ROCKAMBOS+
"BARロカンボナイト"のライブに行っImg_6695_4て参りました。   Img_6697_2

                               

                                 

夜の六本木 想像していたよりも人混み感はなく・・・
赤のロールスが さりげに止まっていたり
視界に入るヒルズの風景が なんともギロッポン

さて、関東移住後 ライブ参戦シリーズ 第四段scissors
六本木 スイートベイジル STB139
初めて行くハコなので システムがよくわかりません
店に電話すると 今回の公演は 店頭電話予約するよりも
ローソンなどでチケットを買った方が優先して
入場出来るらしい との事だったので 前日にチケットを
購入してから 参戦致しました。(ちなみに整理番号86番)

Img_6684さすが、店の前に開場待ちで 人がたむろする事もなく
入口でチケットを提示すると敷地内(屋外)のテラスカフェに
通されて待機するというスマートさ その後 開場時間に
係員より整理番号を呼ばれ 整列の上 入場すると言う
整理番号順・到着時間順 席自由な よくある入場方法、
ビルやJZの様に あらかじめの 席の予約・確保は出来ない模様、
エントランスでは チケットをもぎるのでは無く チケット自体は引取られ
お店独自の入場チケットと 交換される・・・・フロアー入場する時は
店員がレストランの様にImg_6709 一人Img_6714一人 席まで案内してくれる。

                                             

                                                 

Img_6716 頼んだFoodはメニューに
名物STBハンバーガープレート(1200円)

名物と書いてあったので、 どれどれ,どんなもんかい
と思い 注文しましたが デカすぎて食いにくいです!
肉は普通のハンバーグみたくな質感
これだけでもそこそこ腹がふくれました

このフロアーは ステージの右袖にPAブースがあるので
大丈夫かいな?と思ってましたが普通に聴きやすかったです

Img_6724 さて肝心のライブ、メンバーは
4ROCKAMBOS+とTRIFORCEの複合メンバーとの事
松原正樹(g) 村上聖(b) 田中栄二(ds) 南部昌江(key)
島健(pf) 春名正治(sax) 佐野聡(tb)
特に 佐野さんや 村上さんは 関西ではなかなか
ナマで聴ける機会が少なかったアーチストなので
正月と盆がいっしょに来たくらいのお値打ち!

ただ さすがに客の年齢層が高い(笑)
んなもんで 空気感と言うか ノリも独特!sweat01

松原氏 なんでも 昨年夏 足を骨折すると言う アクシデントで
それ以来 今日 初めて立って 演奏した とかなんとか・・・・
なんとなく 個人的には 松原氏と言えば 一歩下がって 的な
PLAYの印象ですが この日は もちろん フロントでメインです。
松っぁん さすがに お姿は 爺さんに片足突っ込んだ感は
あるものの(笑)  335の枯れた感だけではなく
バッキングでは 鬼の様に 小気味良いカッティティングや
存在感の有るクリアトーンのギターPLAYは まだまだ
若い者Img_6702が追いつけません、むちゃくちゃ音がイイです!

曲ごとにギター四本使い分け

                                                

村上氏はコンサート通しで 4弦のナチュラルなジャズベ
ちなみに15日は ドンピシャの誕生日だそう

春名佐野の管が加わることにより 上質な感じがします
特に佐野聡氏は 見た目を裏切る(笑)カッコイイ演奏
ハーモニカも良い雰囲気

松原氏の奥さん南部さん、会場からの掛け声も
多く人気です!このお方 あいかわらず
デフォルト顔が 笑顔なのか?happy01と思うくらい
ニコニコと楽しそうに演奏したはります。

そして サプライズゲストにスタレビの根本要が登場
三曲歌って かえりました、
イヤ MCのしゃべりの方が 長かった気も・・・・

何せ アルバムとか持ってないので間違っているかも知れませんが
セトリは↓

1 Dolphin
2 バレリーナ
3 Crystal Eyes
4 Catch It Up
5 Panorama
6 Love Island
    【休憩】
7 Time to Jam
8 Wind from Naska
9 Sunny side Up
10 What You Won't Do for Love. (根本要Bobby Caldwellカバー)
11 oh darling(根本要The Beatlesカバー)
12 シクラメン(根本要)
13 velociraptor's Walk
14 Jungle

en Zapping

|

« スイカ | トップページ | 「こんな偶然滅多にない」らしい »