« 一身上の都合により | トップページ | 角松系ライブ覚え書き »

2009年11月15日 (日)

流線形ワンマンライブ@duo MUSIC EXCHANGE

Img_6466  関東移住記念(爆) 第一段のライブとして
流線形 “パフォーマンス2009 NATURAL WOMAN”
のライブに行ってまいりました。

流線形は 知る人ぞ知るというアーチストですが
シティポップスファンの間では 旧来から
少々話題にはなっております。

ちなみに 流線形と言うのは バンドとかでは無く、
まぁ 例えれば 冨田ラボみたいな感じでしょうか
クニモンド瀧口と言う人以外のミュージシャンは
すべて サポートで構成されています。
今まで 出たアルバムもヴォーカルはすべて異なります

メロウで心地よい 流線形を普段聴いていると
遠い過去に タイムスリップした様な 錯覚を感じつつ
リアルタイムで シティポップな空気感をもちつつ
洋楽のテイストを盛り込まれた 新しいサウンドが
新譜として 世に出てくるのが 不思議な感覚です。

ちなみに この11月4日に3年ぶりにアルバム
「ナチュラル・ウーマン」を出したばかり
MCによると ライブを行うのも約2年ぶりだとか・・・
サラリーマンなので この先も なかなかライブが出来ないと・・・
老婆心ながら このご時世この手の音楽で食っていけるのか?
などと片隅に感じておりましたが、クニモンド氏のブログの
プロフィール見ると 確かに文具メーカー勤務とある・・・
そう言う意味では 立見である事に躊躇したものの
貴重なライブに参戦出来て タイミングが良かったです!

自分がチケット購入したのは 公演の一週間前
整理番号も59番と言う事だったので また なんとも
寂しいライブになるのでは・・・と思っておりましたが
さすがは東京 ワタクシが入ったあとも 続々入り
当日ホールは 結構な満員状態、人数数えられなかったくらい
恐らく200名くらいは居たのか・・・・それに2階には
業界や関係者席を けっこう多くとっていた模様で
何と言いますか ウチワの方達が多かったライブだったのでしょうか

初関東ライブだったので アウェー感も感じつつ
客層は 男比率が高く(8~9割でしょうか) 年齢層も広い
普段よく行っているライブならば 女性用トイレ行列を
見うけるのですが、この日は男性用が行列に・・・・・
なので、ノリと言うか 盛りあがりも結構ありました

この日のヴォーカリストは 曲ごとに 三名が
入れ替わり 唄う豪華板
比屋定篤子/やくしまるえつこ/江口ニカ

受け売りでございますが セトリ
【一部】
1.メビウス (比屋定篤子)
2.まわれ まわれ (比屋定篤子)
3.あたらしい日々 (比屋定篤子)
4.恋のサイダー (やくしまるえつこ)
5.I Love You (やくしまるえつこ)
6.Airport '80 (やくしまるえつこ)
【二部】
7.Route No.3 Shibuya (江口ニカ)
8.恋のラストナンバー (江口ニカ)
9.スプリング・レイン (江口ニカ)
10.雨のシンデレラ (江口ニカ)
11.ムーンライト・イヴニング(比屋定篤子)
en.ナチュラル・ウーマン(比屋定篤子)

比屋定篤子・・・・
字はズラは どこかで見かけた気もする
まず 何て読むねん????と思ってましたが
ひやじょうあつこ さんと言うらしい
沖縄で活動しているらしく、MCによると過去はSONYから
シティポップ調な作品も出していたとか・・・
沖縄と言うと 先入観が入ってしまうが(笑)
比屋定さんがやっているのはボッサ?ブラジリアン的なやつらしい
この日は トップバッターで唄ってましたが
なかなかの貫禄と 安定的なヴオーカルが印象的

やくしまるえつこ・・・・
ヲイヲイ 誰やねん (やくしまるって・・・・(笑)
と言う期待を裏切らず 白の衣装でステージに
登場した時にも 特にあいさつする事もなく
MCするわけでもなく、曲の途中でも水をのんだりと
不思議ちゃんオーラが ムンムンで 会場内の
オーディエンスもウケテました
しかし、曲は1作目のアルバムからの曲を担当していたが
オリジナルの様なハマリ具合てなかなか良かった

江口ニカ こと十一三十一(ひとみとい)
ふわふわとした唄い方と特徴のある声は
ナマで聴けて良かったっす
この人が出てきたときは オーディエンスも
結構盛りあがり 人気がありましたね!

かなり楽しめたライブでしたが
いかんせん、オールスタンディングだったので
やはり 年寄りには辛かったっす(笑)
始まりは15分押すし、二部制なので休憩はあるわ

クニモンド氏のMCは結構面白かった
欲を言えば 曲数をもう少し(20曲くらいは)やってくれれば
もっと満足感が増したかな。。。

|

« 一身上の都合により | トップページ | 角松系ライブ覚え書き »