« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

一身上の都合により

ワタクシごとながら、

この度 身の上に変化が有りました

結 婚

とかでは 残念ながら ありませんが(笑)

去年までは まさか こんな事が起ろうとは

想像すらしていませんでしたが

取巻く社会情勢の変化により

勤務先の本社から 9月のとある日

10月13日から新職場に出社してくださいと

Eメールが一通 届いたかと思えば

月を越えた10月一臂付けで 関東圏への赴任の辞令を正式に受け

この度 引越しの10月30日をもちまして

関西を後にする運びになりました。

この場をお借りして 関西にてお世話になった方々に感謝申し上げます。

尚 現在の自宅はローンの支払いも残っているので(爆) まだ当面そのままで

独身ですが 単身赴任と言うかたちになります。

固定電話番号・FAXは休止なのでつながりません。
とりあえず 関西には ソファー・テレビ・ふとん など
↓最低限の備品のみ残してみました

Img_6342

|

2009年10月 4日 (日)

電圧計

前回の電圧計の失敗の後 リベンジと言う事で

pivotの 安定装置付き電圧計 V capa 

¥9,135を、ヤフオクにて中古で落札!

●オーディオ音質●ラジオやTVノイズ音
●レスポンス●始動性など
簡単取付で電圧を0.1V単位に測定し
電子機器のパワーダウンを防止。
電圧安定回路が電気ノイズによる性能ダウンを予防。らしい
http://pivotjp.com/magazine/up/a-engineering07-1-220.html

ヒューズに接続してみました
この手の製品の効果はフラシーポ的ともとられる事多く
あまり期待しておらず、電圧計としての機能すれば良いと
思っておりました、レスポンスや始動性の変化は感じられ
ませんでしたが  意外や意外・・・・
ステレオのボリューム上げたときなんとなく
気持ち音が良くなっている様な感じで まずまず!

でも新品だと定価もそこそこなので費用対効果としては
イマイチでしょうかね!

それに E90の場合 STARTボタン押した後にしか
ACCが通電しないので、エンジンかかってからの電圧しか
確認出来ない事になるので、イマイチ目的とは
ズレてしまいましたが・・・・

あとpivot製品って何故この無骨な形状なのか(笑)
どう考えてもカッコ悪いっす、一応見えなければ意味が無いので
あっちやこっちや 取り付け場所考えたましたが
しっくり行く場所も無かったのでとりあえず
特等席に付けましたが・・・どう考えてもセンス悪いっす!

|

2009年10月 2日 (金)

秋の夜長に

Img_5990_2 大阪はキタの ホテル&風俗街の
ややこしい地域を通り抜け
とある場所の地下へと吸込まれてみる!

アナログレコードの音に包まれながら、
ワインの香りに酔い いい意味での現実逃避の空間。

「子供心を失わない大人が集まる癒しの空間」
Img_5991がコンセプトだと言う Bar ALRICORDO

なんでも レコード&ワインバーだそうで!
そこらじゅうにレアウトされるワインの瓶が
それを物語っている。

Img_5971Img_5977薄暗く間接照明な店内は雰囲気が良い! 

名ばかりの レコード&ワインBARではなく
ワインを出してくれる時は 物静かなマスターが
ワインのウンチクを説明をしてくれる!
そして アナログレコードにこだわり
ムードに合わせた音楽を、
AOR ソウル JAZZ FUSION ヴォサノバなど・・・・
その時の雰囲気に合わせた音楽を流してくれます。

Img_5973なんでも このお店は AOR BARとも呼ばれている
らしいので きっとAORが得意ジャンルなのであろう
一人なら手ごわい所かもわからないですが この日は
自称AOR博士である 知人が一緒だったので一安心

Img_5983そして カウンターの我々の会話を耳にしたマスターが
おもむろに出してきたアナログ盤

数年前 角松敏生さんに お越し頂きましたと・・・・
腰が(背も)低くてイイ人でしたよ~と マスター談

気を効かせて角松氏の懐かしい曲をかけてくれました!たらーっ(汗)あせあせ(飛び散る汗)
そのうちON THE CITY SHOREというメニューを作ろうかなどとも・・・

衝撃夏は終わりませんよ~・・・・とマスターあせあせ(飛び散る汗)

ワインバー・アルリコルド
大阪市北区兎我野町9-9津多家レジャービルB1
(泉の広場上がって徒歩1分)
TEL06-6313-5777
http://web-joho.com/alricordo/

|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »