« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月17日 (木)

paris match LIVE 2009

Img_5790おぼえがき パリスマッチ ライブ

paris match LIVE 2009
『Passion8 tour』at Flamingo the Arusha

仕事帰りに ライブに行くと言うのは なかなかいいもんです

デビュー後 二回目の東名阪ツアー
大阪は ツアー初日 (メンバーは 車移動との事) Flamingo the Arusha
この日1階は 約100名 (2階は2~30人) のイスセティング
プラス 数十人の立見 ホールはオーディエンスで ほぼ一杯にうまる
老若男女の客層ですが 自分が普段行くライブにくらべると
年齢層は20代が一番多いでしょうか しかし特別ドレッシーに
着飾った人が いる訳で無く アラフォー世代も チラホラなのでご安心
ただ  まだアーチストも ライブや ツアー経験も浅く コンサートの
流れやパターンが 出来ていない感じなので オーディエンスの誰もが
若干 Away感覚を感じるのがおもしろい

Img_5796ミズノマリ 杉山洋介
G 樋口直彦 Bass 前垣篤志 key 堀秀彰
Dr 繁泉英明 Per 三星章紘
Sax&fl 原田知斉 tp 小出義嗣
Co vividblaze手塚三保 Fonogenico高山奈帆子

1 Passion8 Groove
2 プラネタリウム・シンドローム
3 DESERT MOON
4 DEEP INSIDE
5 asagao
6 Drive
7 TOPAZ AND DIAMOND
8 タイムシェイド
9 cream
10 君といっしょに
11 FAMILY AFFAIR
12 SATURDAY
13 ヨコハマ・シティ
14 寝ても醒めてもあなただけなのに
15 FLOWER
16 太陽の接吻
17 FREE
18 サマー・オブ・エレクトリック・シティ
19 SUMMER BREEZE

アンコール
STAY WITH ME
Coffee MACHINE

モアアンコール
虹のパズル

曲は 新旧二十曲以上も演奏してくれ満足できました。
とにかく paris matchは CDでのクオリティが高いので
その音質をそのまま 外に持ち出すのは まだ商業的に難しい
のではと推測されますが 若手中心 総勢11名による編成は
贅沢で  ツアーにかける意気込みが伺えることろです。
一応 プロのアーチストさんなので、ハコの環境で音響云々と言う
泣き言は 受けつけないものとして(笑) 個人的に感じた事は
二回目のツアーと言う事で 回数を重ね 少しずつ
良くなって来ているな と言うのが感じ取れました
まず バックのサポート面では 前回のツアーの時は
聴こえなければならない ベース・コーラス・キーボードが
全く引っ込んで 聞えず、逆に ドラム・ブラスの音が
必要以上 & 力量以上に 前面に出た印象で、結果として
かなり 荒削りな印象を受けたが、 今回のツアーは
メンバー選定も がんばってくれたので 前回とは印象は異なる
ギターは ベテランと言う事で 特に華は無いものの そこそこ!
キーボードも そつなくこなし 安心して聴ける
コーラスは1名増員でCDの音の厚みに近ずくべく 貢献するものの
なんとなく、セッション的で コンビネーションの練習不足を感じなくも無い
ベースも かなり音の輪郭を示し (ピッチは若干怪しいものの) まずます
ドラムは 今回音がうしろに下がった感じで 疎ましさが押さえられて まずます
ブラス隊は 演奏スタイル&スキルで まだparis matchには 馴染まない感じ
paris matchは バンド形態ではないので あくまでヴォーカルを引きたてる
ための サポートであって欲しいという 個人的な聴き方からすると
だんだん あるべき姿に 一歩一歩進んで行ってくれていると理解出来る
あとは 肝心かなめの ミズノマリのヴォーカル 前回のツアー 並びに
ビルボードライブでの ミズノのソロライブでも感じたのですが・・・・
とにかく ヴォーカルが聴こえないのである。。。。。。
最初は PAが悪いのか・・・・と思っておりましたが、どうやら そうでも無さそう
今回のツアーでも 状況は全くもって同じ・・・・(声の特性・周波数・なのか?)
要は バンドに埋もれて声が聴き取れないのである
これは 一緒に行った知合い共通する意見です、 まぁparis matchを
知る人ならミズノのボーカルの良さは 言うまでもないが、
こうも マイクに声が通おらず 音が乗っからないと オーディエンスの耳
まで届かないので なかなか厳しいところ 
まぁ そのあたりは 場数をこなすにつれ 改善されれば良い事で
次回に良いものに仕上がれば良いなと言う事で 期待したい
今年は クリスマスにも プレミアムなライブが 東京であるらしい。

| | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

ブラックキドニーグリル

最近は BMW Performance のブラックキドニーグリル
が Bewr界では <b>超旬のパーツ</b>でございますが
ワタクシも歳も歳・・・・やはり あまりオコチャマっぽく
なるのもどうよ・・・・という気がしないでもないので
600x4012007060200004ボディー色と同色とかも選択肢として考えましたが
結局 手っ取り早いブラッククローム キドニーグリル
そう 精度がイマイチ 最近下火のパーツと いわれている
HOWELLブラッククローム キドニーグリルを購入しました
<span style='font-size:20px;line-height:130%;'> MADE IN TAIWAN </span> 

<span style='font-size:30px;line-height:130%;'>しかも B品</span>(好きな言葉です)送料込11,000 円

Img_5821せっかくなので ちょい小技で裏っ側にちょいと
反射テープなど貼ってみて 夜間でも
キドニー柄が浮びあがる様に考え中~

|

2009年9月 8日 (火)

春名アコースティックのライブ

春名アコースティックのライブ

神戸ウインターランドに行ってまいりました!
アコースティックと言うので、はたして????
と思っておりましたが!!!
ステージには、鈴木氏の黄色いエレキギターと
マーシャルのアンプが で~ん と置いて有るのをはじめ
全~然アンプラグドな気配はございません

春名さん「アコースティックじゃなくてホンマすんません」
と たびたび申されていましたが
ワタクシ個人的には その方が嬉しいかぎり

春名正治(Sax)土肥晃(Dr)鈴木英俊(G)入江太郎(B)加藤実(Key
このメンツ 「空と海と風と」の主要メンバーが三人
オープニングは JAZZYな曲をちょちょっと挑戦した後
やはり予想通り「空と海と風と」の曲からやってくれまして!

春名さんは 浅野ブッチャー祥之の曲を継承したい
と言う思いを述べられ かなりブッチャー氏を意識した
選曲&MCでした

青木さんの曲にしても、演奏する人が いないと・・・・
と そのあたりも危惧れてていました

曲は↓んな感じ (つのりんさんSNSから借用)
○H&H
○白浜の娘
○DEVOTION(青木智仁カバー)
○宮古島周遊記
○海世界

○Goodbye Pork pie Hat (チャールズ・ミンガス作曲)
○流れ星が君の家に(濃紺の空の彼方から)
○思い出袋はまだパンパン
○タリラ
○留寿都高原でまた会いましょう
○まぐろ
UNCOLE
○これから

前回の空海から浅野氏や山口氏の件もあり
もうきけないだろうか・・・・と思っていたので
今回 内容も 良くむちゃくちゃ楽しめました。

しかしながら、(メンバーさん5人なのに)
今回 お客は 平日でも有り 20人以下です
もちろん ライブは 寂しい感じもしませんが
それこそ 昔は 「空と海と風と」の時は100人以上は
来てた様な気がしましたが・・・
その頃に比べるとなんとも 閑散とした感が
アーチストさんに 次回また来て下さいと 言いたい
所ですが この状況じゃ ちょいと 申し訳無い感じが致します。

次回からは もうちょっと お知合い関係
声かけして行きたい所です、

オーディエンスが少ないのもかかわらず
遠征してくれるバンドマンの心意気と
故人の素晴らしい楽曲を継承したいと言う男気など、
これからも応援していきたいところです

|

2009年9月 6日 (日)

流線形”も

あと”流線形”も次のアルバムは まだかい?
と首をながく待っているアーチストの一つですが・・・・
クニモンド氏のブログよると
ようやく出るようで!11月4日リリース決定らしい
楽しみ!  ヴォーカルは また 一十三十一なのか???

しかし、クニモンド氏は 文具メーカー勤務
だったとは 知らなかった・・・
やはり 音楽だけじゃ食えないのかね~ぇ


ライブもやるそうで・・・関東ですが・・・
Easel presents
流線形ワンマンライブ
“パフォーマンス2009 NATURAL WOMAN”
2009年11月14日(土)
OPEN 18:30 Start 19:30
LIVE:流線形

| | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

冨田ラボ インストア

冨田ラボ
個人的になんとなく秋に聴きたいアーチストです

2006年にアルバムShiplaunchingを出してから
次のアルバムは まだかい?と首をながく待っておりますが・・・・
(ブログも更新滞りひどいもんで)

この前 fm802を聞いていたら
2009年9月16日に「パラレル feat. 秦 基博」
てのが発売されるららしい
冨田ラボ×松本隆×秦基博 だとか・・・・

まぁ なんとも手法は冨田氏らしい曲調です

なんでも、レーベル移籍したようで

しかしあいにく アルバムでは無いようで 残念
また インストアイベントのミニライブもある様で
関西で ナマ冨田ラボを見れる機会など
なかなか無いので 喜んだのもつかの間 良く読むと
2商品を同時にお買い求めの上抽選って・・・・(-_-)
やっぱ無理っ(笑)

●タワーレコード渋谷店●
会場 タワーレコード渋谷B1F「STAGE ONE」
日時  10/10(土) 19:00開演予定
内容  ミニライブ

●タワーレコードNU茶屋町店●
会場 タワーレコード梅田NU茶屋町店 6Fイベントスペース
日時  10/11(日) 14:00開演予定
内容  ミニライブ

【イベント参加方法】
ご予約者優先でタワーレコード関西11箇所の対象店舗にて9/16(水)発売
「冨田ラボ/パラレルfeat. 秦 基博」(RZCD-46336/BもしくはRZCD-46337)
の2形態のうちどちらかと、「秦 基博/LIVE AT BUDOKAN」(AUBL-1)の
2商品を同時にお買い求め頂いたお客様に
イベント参加抽選応募ハガキを差し上げます。
ハガキに必要事項を記入のうえご応募頂きますと抽選で当選者の方には
「冨田ラボ × 秦 基博 TOWER RECORDS PREMIUM LIVE」にご招待致します!!
(2009/9/23(水)までの消印有効)

【タワーレコード対象店舗】
梅田NU茶屋町店・梅田大阪マルビル店・難波店・神戸店・京都店・大津店
・姫路店・明石店・橿原店・泉南店・難波店・北花田店

【お問い合わせ先】
タワーレコード梅田NU茶屋町店
(営業時間/不定休 午前 11:00 - 午後 23:00) TEL:06-6373-2951

| | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »