« 大蔵谷ラーメン屋台 一龍 | トップページ | 10月度インストアライブ »

2008年10月 3日 (金)

Special Unit seven@ビルボードライブ大阪

Img_3933 Special Unit 7 Img_3924Img_3929Img_3930

           

            

                             

予告通り ビルボードライブ大阪!行ってまいりました!
初ビルボードと言う事で 個人的にはハコに興味深々!
ウロウロしてみました ペンギン
   Img_3928
(しかし!なんやらブルノと印象は変わらない様な・・・・)
とは 言うものの、大人な感じで アーヴァンで(笑)
BOXシートあたりで アベックで いい音楽でまったりと時間を過ごす
なんてのに使うには 憧れますね

我々 今回は 左側のカジュアルシートポジション
一番 後側のカウンター席ですが 同行の知人が 言ってた通り
人がウロウロする事も無く 落ち着いて見れました
この日 ステージは フロントに 本多俊之
左から村上"ポンタ"秀一・後藤次利・松原正樹・井上鑑・島健
そしてやや後に 斎藤ノブ のセッティング
Img_3925我々の席からは ポンちゃんが一番近いものの 背中にデカイ
中華ドラみたいなのが 吊ってあり 手元は見えなかったが
わたくしの目的のギターの松原氏は 正面位置し良く見え!
マイミクさんからは、オペラグラスなんて要りませんよ!(笑)と
言われつつ 念の為持っていったオペラグラスで
しかとテクニックを ガン見目してまいりました。

で ライブの全体的な流れは↓

まずは 挨拶がわりに
ジャコパスのソウル・イントロ~Some Skunk Funkの
イントロのみで つかみを一発かまされる!
そして さっそく メンバー紹介
島 健(Electric Piano & Acoustic Piano)
松原正樹(Electric Guitar & Acoustic Guitar)
後藤次利(Electric Bass)
斎藤ノブ(Percussions)
本多俊之(Soprano Saxophone)
井上鑑(Keyboards & Vocoder)
村上“ポンタ”秀一(Drums)

この日 MC取るのは やはり ポンちゃん
くだらない オヤジギャグは 若干すべりがち(爆)
音楽監督は井上鑑か・・・・・

・Some Skunk Funk(ブレッカーブラザーズ)
・Blue Lagoon(カタナカ?カタカナマサヨシ)
・Room Sand(松原正樹)
・Runnin (Earth Wind & Fire)
MC
・Free As A Bird(ビートルズ)
  井上鑑のVocoderのヴォーカルで!
・Freedom ?(Jazz)? Dance
MC
・遠州つばめ返し(渡辺香津美)
  井上鑑とポンちゃん二人で
・199X(Kylyn)
MC
・Gymnopedies No.1(エリック・サティ)
MC
・A Memory Of Majorca(松岡直也)
 ちょっと変わったアレンジ
・Jam Report
 天気予報・・・即興的な曲とか・・・・

アンコール
・ドラムソロのみ
拍手の間に新たにドラムセットをセンターに出して
(メンバーはドラムの廻りで飲んだり 座りこんだり)

MCでは 村上秀太ポン一さん(爆)
今日が 解散ステージだと申されていました

感想としては
むちゃむちゃ短かったですね
本編が 1時間ちょいだったでしょうか
アンコールが ドラムソロだけかいな・・・って(笑)

個人的な ドラムの好みで言うと
ポンちゃんのプレイは好きでして やっぱ ドラム叩いた時の
空気感と言うか音圧と 相反するわびさびモードのプレイなどは
いいもんですわ! 角松バンドあたりで今でも叩いて欲しい
ところですが ま~ さすがに もう 歳も歳 常々最近 ポンちゃんの
老化&体力の衰えを感じているわたくしとしましては、
きっと 角松ライブとかの 三時間超のプレイは無理でしょう
という事からすれば イイ状態で演奏出来るのは
これくらいな時間で落ち着くのでしょうか!

あとは 私が最も気に入っているギタリストでもある 松原氏
ナマで見るのは二回目ですが!以前のライブでは、なんだか
引っ込んだ感じのプレイでしたが・・・・この日はソロもとったりと
なかなか堪能させてもらいました、青のギターもいい音してました!

しかしBlue Lagoonは高校の時死ぬほど聴いたり弾いたりしましたが・・・
やっぱ SAXが入ると スーパーのBGMみたいで 臭いです(爆)
ギターソロのサビんとこも はしょってるしたらーっ(汗)

あと意外だったのは これだけのメンバーなのに・・・・
よくありがちな、ソロ廻し的なのが無かった事・・・・
同行の知人などは、もっとノブさんのガーと行く様な
プレイも聴きたかったなぁ~と・・・・
うむ確かに

|

« 大蔵谷ラーメン屋台 一龍 | トップページ | 10月度インストアライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107835/42687783

この記事へのトラックバック一覧です: Special Unit seven@ビルボードライブ大阪:

« 大蔵谷ラーメン屋台 一龍 | トップページ | 10月度インストアライブ »