« 残暑お見舞い申し上げます。 | トップページ | 御礼 »

2008年8月10日 (日)

ALTO 4

8月10日(日)京都ラグにて ALTO SAX4人!
土岐英史4DAYSの4日目"THIS IS 4 ALTO!"のライブでございます!

お約束の 一ライブにつき 一神社仏閣は 仲々実行できず
いつもなら、京都に行ってもライブだけ!と言うパターンなのですが、
今回は 知人と同行と言う事で ワタクシが怠っている下調べ
という事をして頂いたおかげで 付近を巡る事が出来ました!

しかし!やはり 京都は暑いし 熱い!
観光地でもあり 人の数はハンパ無いですね
都会の街中が寂しい分 みんなこんな所に来てるのですね

で 巡ったのは 史跡 坂本龍馬の墓 ~ 清水寺 地主神社
Img_3598Img_3578Img_3571                                  

                         

                                                   

Img_3543Img_3593Stb

                                 

                               

                         

山村美紗邸  カキ氷(宇治ミルク)  スタバ川床

道中 さすがに 暑さで カナリ汗だくになりましたがね!
清水の舞台やら はじめての観光地で
なかなか 小旅行気分でした

すっかり この日メインのイベントであるライブが
始まる頃には かなり疲労と脱力感包まれてしまいましたが・・

そして そのライブ 本日のメンバーを見ますと
馴染みのある名前も数名いらっしゃったりして
なかなか 安心して聴けるのではなかろうか・・・・と思いきや(爆)
でっ メンバーは フロントに SAXが 何と 4人 左から
土岐英史 本田雅人 坂田明 伊東たけし
そしてバックに難波弘之(Key)清水興(B)セシル・モンロー(Ds)
一曲目は 4人フルで演奏 かなり勇壮ではあるが
ぼよよ~んと、音がボケたイメージも否めない・・・・
そして 二曲目からは 各人 出たり 入ったり
SAX二人とかの 組み合わせでの演奏でした!
いつも この企画のライブは SAXで三人でやってるらしいが、
今年は 本田氏が加わり4人になったそうだ!
演目では 坂田×本田の場面もあり、おおよそ正反対のスタイルの
アーチストが一緒にやると言うのは なかなか珍しい!
しかし全般 感想としては、坂田さん一人がいるだけで このライブの
カラーが こうも 坂田風の音に なるのかと言う事に びっくりしました
ちなみに 知人に言わせると
(ギリギリのメロディーとコミカルなリズム(もはや狂気か))だそう(~_~;)
まぁ 確かに 巨匠の先生を立てているのでしょうけど!
良い意味でも悪い意味でも、セッションらしいライブでございました

|

« 残暑お見舞い申し上げます。 | トップページ | 御礼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107835/42160863

この記事へのトラックバック一覧です: ALTO 4:

« 残暑お見舞い申し上げます。 | トップページ | 御礼 »