« 7月6日(日)佐山雅弘 ライブ | トップページ | 暑中見舞い! »

2008年7月13日 (日)

安達久美クラブパンゲア with 梶原順@京都

7月12日(土)"安達久美クラブパンゲア with 梶原順" ライブに行って参りました!
ライブ会場は 京都 木屋町 Live Spot RAG !

お知合い二人と 4時半に 大阪中央郵便局に集合!
いつもの様に わたくしは車で・・・・30分遅刻にて合流 
祇園祭の影響で 混雑を懸念したものの 意外にもスムーズに到着

Img_3445夏の京都は 暑いと申しますが!夕方は なんだか エエ感じで
一度 鴨川納涼床 みたいなのも 行って見たい所ですわ! 

                          

Img_3446そして!ラグまで移動 

                               

若干 開始まで時間が中途半端にあるので どうすべか?と
ラグの下で モジモジしていた所に 事前に 来京されるとお聞きしいていた
関東から遠征の お友達と うまい具合に 合流出来たので、
ちょっと早い目ながら 一緒にラグに入店しました!
ホールは 通常の テーブル&イスセッティングでしたが、さすが 地元アーチスト
と言う事もあり お客さんも 満席でしっかり入ってましたね! 

Img_3456Img_3451

                                          

                              

さてさて ライブ
自分は 安達久美さんは 今まで無料のインストアイベント二回程 見る機会が
有っただけで チケットを買ってライブを体験するのは初めて

メンツは 安達久美(G) 則竹裕之(Ds) 清水興(B)
河野啓三(Key) に Guest梶原順(G)と お馴染みの面々!

なんだか 久々に 則ちゃんのドラムの音圧を空気で感じ改めてプロの演奏の
感覚を思い出したと言うか 忘れかけていたリセットボタンを押された様な
何とも言えぬ 高揚感を感じた次第で、また清水興さんも homeでの演奏と言う事で
この前の姫路のライブとはスタイルも違い、今回は 音の輪郭もクッキリで
圧倒的な ビート感を打ちまくりで リズム隊のアクティブさを再認識致しました

ライブは まず始まりは 安達久美クラブパンゲア で 2~3曲
フュージョン風な ユルめな曲を演奏したかと思えば!次に
サンタナの哀愁のヨーロッパを 渋ぅ~く カバー!
途中から ゲストの順さんをステージに呼びこむ と言う演奏の流れ!

順さんが合流して2曲目 次の曲を演奏すべき段階なって なにやら、
エフェクターの調子が悪いらしく、深刻なトラブルになりそうな気配
順さんも 対処の為 束の間しゃがみこゴソゴソしっぱなし・・・・・
清水興さんも その様子を見て!「ほとんど分解ですな~」と冷やかす!
その間 安達さんが  浅野 ブッチャー 祥之さん J&B とのかかわりを
MCにて 紹介されていました! (フュージョン喫茶インタビュー)
そして なんとか機材の方も 無事復帰して 順さんも安堵の様子!
ただトラブルに見舞われた と言うものの、順さんの瞳の奥には
"きっとブッチャーさんが イタズラをしに来た"みたいな事を!言いたげな
(言ってませんが) ニヤニヤとした様な表情に 見うけられたのは・・・
私の深読みでしょうか(笑)

で曲は 予告通りJ&Bの曲
あたりめ・TOUCHを 順さんとのツインギターで演奏されていました!
J&Bの曲を ナマで聴けると言う機会は貴重であるとともに
我々 初安達久美ライブ参戦者としましては 知った曲が演奏されると言う
のは なんとも親近感が湧く所でしょうか!

途中 休憩後 二部の最初は 順さんと安達さんがアコースティック
ギターを持って登場!なんと今度は 二人で"JとB"の曲を演奏
安達さんが アコースティックギターをステージで弾くのは珍しいそうで!
以前歌モノのバンドの時に使うからと、買わされた青カビの生えたアコギを
倉庫からひっぱり出して来たとかなんとかと申されていました。
でも 安達さん 普通~のフォークギターみたいな奴を 持ち出していたので
なんだか 弾きにくそうでしたが(笑)
二人の デュオも なかなかな ものでした!興さんが 今後 "順と久美"
なんて言うユニットもエエんちゃう?などと冷やかしてました・・・・
安達さんアコギを持つと いくらでも新たに曲が創れそうだとも・・・発言

その後は 河野さん・順さんの曲など・・・・

そして!後半 安達さんが 急にヤンキーに変身し
「あんたらぁワタシを怒らせたらあかんでぇ」!とか 「なめたらあかん」と
(微~妙に 棒読み&テレながら)威勢の良いセリフを 客にあびせながら
ライブの盛り上げ所の曲だんじりファンクが始まる!
 きっと岸和田のだんじり祭りをイメージして作った曲だろうか!
「そ~れ!それ!それ!」と掛け声とか
「あほんだら あほんだら あほんだら」とか けっこう笑けるセリフもあったり
客席と一体になって楽しめる様に 色々 考えてはりますわ!

今回 個人的には キーボードの河野啓三さんのプレイを見るのは初めてです!
この人 T-スクエアの人だったらしいです!
でも プレイは プログレちっくだった様な印象が・・・・(笑)
(見た目も なんだか 難波弘之さん風)
ちなみに MCの自己紹介で 順さんとの関わりを紹介する際、
自分は角松敏生さんの音楽をずっと聴いていて、参加されていた
順さんの事は 以前から知っていました などと申されていました
こんな所で 角松の名前が出るとは・・・・・(しかも聴いとったんかぃ!)

でっ 全般的な 感想は?と言いますと!今回のライブ
むちゃくちゃ バリエーションに飛んだ ライブでございました!
フュージョンから ロック、プログレ風、J&B、アコースティックから
歌モノ、はたまた 祭りまで(笑)!楽しませてもらいました!
お友達は まるで 寿司と焼肉と中華を一緒に食べている様な
ライブだったと 感想を述べてられました!
しかし 我々にとっては 音量が若干 デカ目だったところが
やはり 骨格・精神は ロックなんだ という事を主張していた様な!
あと、昔の事を考えると、失礼ながら 順さんも ホントMCがお上手に
なりましたねぇ(爆) 他の方のライブと言えど しゃべりも す~っと入って来て
自然に話す 間の取り方など エエ感じで、そんな事を考えると 安達さんも 
今は若くライブでは 朴訥な感じのライブ進行や MCが初々しいですが
だんだん そっち方面も 諸先輩方を見習い ネタや笑いも入れつつ
そこらへんのところも 今後成長するのが楽しみなトコロです。

|

« 7月6日(日)佐山雅弘 ライブ | トップページ | 暑中見舞い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107835/41847442

この記事へのトラックバック一覧です: 安達久美クラブパンゲア with 梶原順@京都:

« 7月6日(日)佐山雅弘 ライブ | トップページ | 暑中見舞い! »