« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月28日 (月)

Woodie's

余談ですが 
いつも梶原順さん関係のライブに足を運ばれている方なら
順さんの愛犬に対しての溺愛ぶりは ご存知な方も多いと思いますが、
お知合いが 梶原順スペシャルライブ「EVER」1月27日
イクスピアリに行ったおり なんでも順さんから 
Woodie's Napと言う曲のタイトルにもなっている
愛犬ウッディ君が 老衰の為、息を引き取った。
と報告があったらしいです。
ウッディ君その2~3日前から具合が悪かったとか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

新世界に行きましょう

BAR DRAGOONのマスターから
新世界に行きましょう。
日取りは1月27日(日)16時から と案内のメールが届く
マスターは、定期的に 色々な催しを案内してくれる、
以前の もつ鍋会やカラオケ大会もその一つ

個人的には 日本橋界隈までなら時々足を延ばすのですが
新世界は 用事も無いので 行く事も無かったので イイ機会・・・・
新世界と言えば 新世界のずぼらや~で♪のイメージがですが(笑)
なんやら ディープな街らしい と言いますが!
おどろおどろしい オッサンが そこらへんウロウロしているのか?
串焼き ソースの二度漬けを監視している怖いオバハーンとかいるのか?
じゃんじゃん横丁か"だるま"に 赤井英和がおるのか?
大西ユカリはど~よ?などなど(笑)
イメージばかり頭でっかちなトコですが!

Img_2477Img_2469

               

               

              

まず せっかくなので 話しのネタに 通天閣に登ってビリケンでも
拝んで来ようかと 自分は 集合時間の30分前に行きましたが・・・
ななんと 待ち時間が 30分もかかると言うので・・・・やむ無く行けず

ハイそうです、休日の新世界は ディープなイメージとは裏腹に
すっかり観光地化しておる様です・・・・

この日も 好きな時間に現地に来て合流するといったパターン。
日曜日だからそんなに来ないだろうと マスターも見越して
いたらしいが 思いのほか集まりまして 出たり入ったりも
あり~ので、15人くらいだったでしょうか、
わたくし BAR DRAGOONさんに行く時は どちらかと言えば
早い時間の客なので、普段は会わない人など こう言う場で
はじめて、他のお客さんの顔を知る事となり貴重な場となりました

一軒目は 串焼きどて焼きの"鶴亀家"
けっこう広いお店だったので、大人数でも助かりました

Img_2499

Img_2486_2

                  

                 

               

ニ軒目は 煮込みホルモンの "丸藤"
沖縄系のメニューもあり ワタクシは豚耳を・・・・
ホルモンうどん・ホルモン豆腐もうまかったとか

  Img_2512Img_2505Img_2502

                       

                       

三軒目は 串カツと寿司の店 "やまと屋”
日本酒を2合を注文するとおまけとして1合がいてくると言う店
とにかくメニューが多かったですね!

  Img_2522Img_2514

                           

                  

なかなか 楽しませていただいた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

ミナミのサウンドバー

Img_2439

先般 遅い新年会 とでも言いましょうか
心斎橋界隈まで出ておりました。
鍋まる で食事をしたあと

                       

去年 某SNSのコミュにて↓なるトピックが立っており
----------------------------------------
昨日よく飲みに行く大阪・ミナミのジャズ/ソウル系の
サウンドバー、店に入って、マスターが慌てて言いました。
何と、先頃、角○が店に来た!というのです。
来店は初めてで、午前1時か2時位だったそうだ。
かなりよく話をしたようで、店に角○のレコード何かある?
という話になり、マスターが店に1枚だけあった、
GOL○ DI○GERを見せると、「古っ!」といって
ゲハゲハ笑っていたそうだ。ボブジェームスをリクエストしたとの事。
マスターは一緒に写真まで何枚か撮っていました。
次も大阪にきたら、必ず寄ります、といって満足げに帰ったようです。
----------------------------------------

Img_2462 てな 書きこみが有りましたので
どれどれ! どんなお店かいな?と言う事で
かねてから 何かの機会で 近くまで行った折は
覗いてみよかと考えていたお店  行ってまいりました

入ってみますと なかなか広い!
打ちっぱなしの壁に 真っ赤なソファーや ピアノなどの楽器類もあり
インテリアは デザイナーが 仕立てたごとく オサレでカッコいい
Img_2457 Img_2450Img_2455              
 

             

トイレには 過去開催された OYAJI SUPER NIGHT なるDISCOイベント云々など
書いたポスターも貼ってあり イベントなども出来るくらいのお店の広さでした、
かかっている曲は 早い時間はJAZZ、夜がふけるにつれ
ソウル・ロックなど 来店のお客さんにあわせたセレクトするとの事。

マスターは 元DISCO DJさんで 何軒かの お店の名前を上げてはりました、
名前は忘れましたが・・・・、その中には ジュビレーションとかも言ってた様な・・・・

誰が吹きこんだのか? てっきり DJ関係の人からみで 角○氏が訪れたのかと
思っていましたが、マスターによると なんでも ○秋さんの沖縄関係の知人が
このお店のお客さんらしく そっち関係で 訪れたらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

paris match "PM radio" Flight7 特集最終回

さてさて
paris matchの インターネットラジ「PM radio」 で
ニューアルバムの Flight 7 特集として 試聴&セルフライナー
をすると言う試み No.12 が更新されました!
この最終回で 曲の全貌が明らかに!

新しい試みの 邦楽カバー 
時代にさからって あえて なんでも ボッサカバーにして緩くしなかったと言う 
サーカスのミスターサマータイムなども・・・・
松原正樹氏のギターも唸ってるそうで!
杉山氏いわくイマドキ無いですよ!LAなのか 昭和なのか わからない感じ
のアレンジと言うか音色選びというか・・・・と(笑)

■No.12(mms://ws3.ittec.ne.jp/coolism/webradio/pm_radio12.wma)

ちなみにparis matchさん
2ちゃんねる(゚∋゚)も見てるらしいとか(爆)
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/musicjg/1198396466/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

パリスマッチライブ

さてさて 先般二年ぶりにparismatch(パリスマッチ)の
アルバムが発売されると言う事で ブログネタにしましたが

WEBラジオの PM-radioで セルフライナーを聴く限り
ニューアルバムも なかなかリゾート感あふれ爽やかでイイ感じ
mms://ws3.ittec.ne.jp/coolism/webradio/pm_radio10.wma
mms://ws3.ittec.ne.jp/coolism/webradio/pm_radio11.wma

20080112_0220080119_02_2

                  

             

                

                     

                     

で 今回レコ発 東名阪の paris match tour2008 ~Flight 7~ があると言う事で                

<名古屋>
日程:2008年3月21日(金)
会場:名古屋 BOTTOM LINE
時間:OPEN 19:00・START 19:30
<大阪>
日程:2008年3月24日(月)
会場:梅田 Shangri-la
時間:OPEN 19:00・START 19:30
<東京>
日程:2008年3月27日(木)
会場:duo music exchange
時間:OPEN 19:00・START 19:30

ワタクシ大阪に行く予定ですが

知る人ぞ知るアーチスト(知らない人は全く知らない) paris match(爆)
はたして チケットは無事に買えるのだろうか?
個人的には 梅田Shangri-laと言う所も 行った事がないハコ!

大阪で ライブやって 客が20人くらいしか集まらなかったら
それはそれで お寒いが・・・・・

それとも フタを開けたら 
いきなりソールドに なってしまうのか・・・・

今まで ツアー的なライブをやった事が無いようなので
どう出るか 謎の多いところ! 

追記
ちなみにチケットの件 メールと電話で確認してみると
購入はチケットぴあ、ローソンチケットよりシャングリラでのご予約の方が
優先でご入場という形になるらしいです。
webで 申し込んで 決済は当日らしいとか・・・・
http://www.shan-gri-la.jp/

て事で メールでさっそく申し込んだら
3/24のチケット予約ですが、
2/2からの発売となっておりますので、
2/2以降にお申し込みください。
と返事が・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

ライブライブおぼえ書き

もちろん 全部行くわけではありませんが
3月がやたらライブが厚い・・・・

今のところチケット持っているのは
TRIX だけです・・・

2月16日(土) 神戸 ZINK (決
TRIX 如月ミニツアー
http://www.kobe-zink.net/

2月29日(金)旧居留地・ラフレア
『KOBE SONAR vol.5 ~神戸アソート~』
http://www.roughrare.com/event.php

3月14日(金)京都ラグ
バカボン鈴木3DAYS バカボン鈴木セッション
バカボン鈴木(B)本田雅人(Sax)増崎孝司(G)
松本圭司(Key)ヤヒロトモヒロ(Per)則竹裕之(Ds)
http://www.ragnet.co.jp/live_spot_top.html

3月16日(日)神戸wynterland
梶原順トリオ
川内啓史(B)小笠原拓海(Drs)(ゲスト)上新功祐(Vo)
http://www.kobewynterland.info/index.html

3月20日(木)大阪厚生年金会館
角松敏生
http://www.toshiki-kadomatsu.jp/free/tdk/tdk.html

3月21日(金)京都カーニバルタイムス
MAOCHICA
http://www.maochica.com/live/

3月23日(日)倉敷市芸文館
角松敏生
http://www.toshiki-kadomatsu.jp/free/tdk/tdk.html

3月24日(月)梅田Shangri-la
paris match
http://www.shan-gri-la.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

こんぴらⅡ

さて例の四国
13日に目的のライブも終わり 翌日14日は帰路につく所ですが
やはり貧乏性せっかく四国まで足を伸ばすのだからと
どこか寄る所でもないのか?と・・・・・
わたくし神社仏閣に興味が有る訳ではありませんが
遠征初心者には 有名所で ベタな所の方が良いかもと言う事で
色々な方に ご教示頂いていた「こんぴらさん」に行きました。

ちょいと 事前に下調べしますと なんでも 金刀比羅宮は
海の守り神として信仰されてるとか
江原啓之も パワースポットとして紹介しているそうな!!
去年は 天河神社も行った事だし さぞご利益が(笑)

こんぴらさんは 参道の石段が有名で奥社まで登ると1368段あるらしく
三連休と言う事で人が多かったですが 一番上まで片道1時間ちょい
汗だくになり 足もヘロヘロになりつつ行って来ました!
その甲斐有って 金刀比羅宮の中で メインである 本宮と
真意の程は知りませんが どこかのサイトに書いてあった
スピリチュアルスポット(パワースポット?) 睦魂神社・奥社も
一応押さえてきました
2  31_2
               
                
                  
                     
               
                               
                                        
その後は 帰りに参道で 最後の(笑)ぶっかけうどんを食い
観光ホテルで 日帰り入浴で温泉に入って来まして
朝9時前に出発して 温泉出たのが1時半すぎで
ほぼ 予定通りに 超順調に推移!~

あとは バスバスで帰るべく出発点の高松まで 電車電車で移動
あらかじめ買っていた バスのチケットチケット
高速バスの席を取ろうと窓口まで行くと
ななな何と”本日の大阪・神戸方面は 満席売りきれと
紙が貼って有るではないかげっそりげっそり・・・・・
ひ~っ バスくらい飛び込みで席取れるかと思っていたら甘かった!!
行きしは あんなに ガラガラで空席だったのに・・・・・一瞬焦ったものの
幸い 買ったFoot Busの チケットは船ジャンボフェリーにも
乗れるので 急いでフェリー乗り場行きのバス停に急ぐと 走る人
幸いちょう~ど 良い時間の "こんぴら2"に乗船する事が出来ました
いや~さすが海の神様指でOK
F1  F2
F3                  
                        
                        
                         
                        
                                    
                                          
普通なら旅の帰りは テンション低めになりがちなところ
船に乗ることなど めったにないので、物珍しく デッキで景色みたり
船内ウロウロしたり マッサージ機でからだほぐしたり
考えて見りゃ 満席のバスで窮屈に帰るより良かったし貴重な体験でした。
しかし 今回印象として 行きはバスで 二時間ちょいだったので
四国は意外に近いと思いましたが、現地に行ってから  また帰り船に乗って
感じたのは四国はデカイ(笑) 船に乗ってからでも  かなり時間たっても
なかなか水平線の視線から島が消えない(爆)
F4
長くて短い 二日間でした!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

角松敏生@高松DIME

四国遠征の目的は 高松DIME 角松敏生Ts LANDのライブでございます。
また角松かぃ!  と言う声も聞えて来そうですが・・・
おととしから 続いたPPRツアーも3月で終わりで 終盤戦、
ホール中心だったライブも このツアー最後の ライブハウスと言う事で
キャパの小さいハコの方が ある意味 独特の盛りあがり& 距離感
同じ TsLANDでも違った空気が楽しめるのではないか と言う事で
高松まで足を伸ばした訳です。

夕方 先のうどんメンバーに加え さらに 京都の知人と合流して目的地に向う!
ライブハウスDIMEは 街中の アーケード街にあると言う立地!
そのアーケード向い側は 最近地方に多い空き店舗なのか 道をはさんで
テーブルを出し 受付?かクローク?などが設営されており
マネージャの コブさんの顔も見え 関係者も たむろしている
たまたま mixiでマイミクになって頂いている 楽器ローディのSTAFFさんが
いらっしゃったので はじめて簡単ではありましたが 御挨拶をする
時間まで一旦近所のDOUTORで待機 飛行機紙飛行機を折る知人
Img_2187
Img_2192            
           
           
             
              
             
でっ!いざ入場、
ハコは 横長の長方形で、ステージの懐は 比較的広い様に見える
天井は かなり高い(三階の高さ位はあるか) メンバー登場はその天井の
右袖にある扉から 工事用のパイプ製足場の階段から降りてくる
と言う造りで(降りて来る時間の)間がもたない感がなんとなくカッコ悪いげっそり

定員は チケット整理番号 91番代(笑)の わたくしが ステージ前から
3~4列目くらいに立てて 210番代のマイミクさんもその端の方に
いらっしゃったので おそらく3~400人くらいは入ってたのだろうか?!

この日角松氏 衣装はGパンに 赤いシャツの中に黒っぽいプリントTシャツ・・

休日と言う事で わたくしの様に 遠征の人間は静観的
久々の四国と言う事で 地元の方は声援の声をあげたりして 少々テンション高め!
中には感極まってと言う方もおり、場内の雰囲気は さまざまな盛りあがり!
今回セットリストには 目新しい内容は無く 通常LANDのセット内容
同じくMCにも 目新しい話は無し。凍結解凍10周年になるとかなんとか。
2月20日に出る中野のDVDはブルーレイが限定2000枚ですぐに売りきれて
しまうかもわからない 普通の所では売っていないかもわからないので
家電量販店のソフト売り場で調達して下さいとの事

個人的に感じた 音は ギターの順さんの音がちょっとダイレクトに出てて
浮きすぎかな~感もあり、PAの音量は大きすぎず 特に意識する事なかったが
全体のバランスは とっ散らかった感じ!頻繁にハウってたりもして
素人目にも音は それなりな感じ・・・
Vocalは 良くも悪くも感じなかったと言う事で 良い証拠だと思いますね
アンコールの Always be with youは 熱唱してはりました
声の質もも年齢を重ねてきて 少しずつ変わって来た感じが実感しました。

しかし、オールスタンディングは効きますわ~雷
挑む前は まぁ なんとかなるやろ~ぅと思ってましたが
やはり ちょうど中だるみ前で、ゆるい曲の時 まだまだ先がある
と言う三分の一くらいが個人的にはいちばん堪えました~
長く演奏してくれー と思う気持ちと裏腹に
カラダの方は 早よ終われ~ なんて考えてしまいますから(笑)
角松氏もMCでオールスタンディングも だんだんと無くして行きたい
とも申されていました。まぁそれは、集客人数の少ないライブハウスなどでは
商業ベースでは 出来ないと言う事にもなりますので 喜んでよいやら
悪いやらと言う感じですがね。

MCでキレルと恐いと言う(爆) BASSの山内氏もブログ
振り返っての(角松ライブ)ベスト3とかを あげるとしたら、
今回のこの山陰・四国方面と、世界遺産の金峯山~
との事なので そのうち2箇所 自分が参戦した事にはよかったと思います
まぁ とにかく高松の夜も楽しく過ごさせて頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国高松

1月13日 四国高松へ行ってまいりました
意外にも わたくし 遠征はあまりしない派でございますが
お知合いの中には ライブを兼ねて地方遠征を楽しまれている方も多くいらっしゃいますので
一般の人に比べては 特に違和感は無いわけでして・・・、

今回の旅のテーマは ずばり 「うどん」 
予定通り 高速バスでバス高松に 10時頃 到着!
高知での知人が車(セダン)車を出してくれる と言うので甘え
大阪の知人と合流し 三人で 湯のみうどん屋巡りに!
四国のうどん屋は 電車で行ける様な場所には あまり無いらしい。
車で少し走った 讃岐富士なる山が見える 川沿いの土手に
駐車場待ちの車の列・・・・ (関西で言う回転寿司屋待ちみたいなもの)
Img_2126
まず一軒目は「なかむら」と言う セルフのお店
テレビで見た事がある気もする
以前は ネギもセルフで畑から抜いて来なければ
ならなかったとか・・・・・

なかむらでは わたしは 釜玉うどんを選ぶ・・・・
セルフで うどんの鉢に 生卵をかき混ぜ 釜ゆでしてもらったうどんを
鉢に入れてもらい だし(つゆ?)をかけるもの。 トッピングは別料金
Img_2133
Img_2135
Img_2136
Img_2137
   
   
    
   
   
   
うどんを 外で食べると言うのも なかなか地元ではありえないし・・貴重な体験
    
四国では うどんは「ひやひや」とか「ひやあつ」とか
麺とだしの組み合わせが あるらしく 関西で普通店に出て来るうどんしか
食べない我々にとっては 注文する時の方法がイマイチわからないが 物珍しい
Img_2141_2
二軒目は またこれも 車で山の奥まで走った所ある うどん屋「やまうち
ここも 人気店なのか 店の前には 人の行列が長く並んでいる・・・・
この店は 我々が行った時は トッピングが、ゲソ天しか無かったが
やはり素うどんだけでは なんとなく寂しかったので ゲソ天を食い
(ちなみに1軒目も わたくしゲソ天を食う) そのお蔭で かなりお腹と胸が重くなる・・
一方ダイエットが気になる大阪の知人も 二件目を食い終えた段階で、
高知の知人の「まだ行ける?」の問いに 返事の声も低く 反応も妙に悪い(爆)
たて続けに食べるのもキツイと言う事で 近所にある日本一でかい
ため池の"満濃池"なる 池を見学しつつ腹を休める事に・・・
地理学が専門的な大阪マイミクさんも おかげでテンションも若干上がる

おなかも休めたあと 飛行機の原理発祥の地と言う
道の駅 空の夢もみの木パークに寄り  別腹 アイスを食いつつ

次のうどん屋は 「小縣家」と言う しょうゆうどんが 名物だという
一般店(席まで運んでくれる店)へ行く
待っている間に 大根をおろすという なかなかユニークな店
うどんの腰はだいぶ強かったです。

うどん屋を三軒廻った後 いよいよ高松に!

宿は予約していた スーパーホテル なかなか新しくキレイ
事前に電話で問合せしていた事を 覚えていてくれたのか
観光地に関する資料をプリントアウトして作っていてくれていたウインク
天然温泉もあるとの事で なかなか良い宿泊環境でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

角松敏生 T's Land 高松DIME(香川)

いよいよ迫ってまいりました。
な~んも準備していません眠い(睡眠)・・・

Img_2110.jpg
角松敏生 T's Land  
1/13(日)高松DIME(香川)


人影オールスタンディングですよ!
まぁ家ハコが大きくなさそうなので これまでの
ホールコンサートとは雰囲気も違うのではないかと期待!

結局一番安い
FOOTBUSの往復券 5300円
スーパーホテル高松・田町4980円
あたりで リーズナブルにたらーっ(汗)・・・・

13日の朝 高速バスに乗り10:00すぎ高松入り
で その日は うどん屋めぐりでしょうか・・・・
夜はライブ・・・・

さて 翌日どうするか?・・・・・観光?温泉?・・・・
ココの所 なかなか忙しく 何も下調べも出来ていませんげっそり・・・
知合いにも ヒントを頂きながら考え中~
四国で いいところの お勧めがあれば お教え下さいまし!
やっぱ キンピラ くらいか(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

突発!

活動を停止中のフュージョングループ Casiopea
わたくし 活動中は 何かとライブを聴きに行っておりました。
最低の人数で 最高の音楽を!と言うだけはあって
まぁ ちょっと他とは違う 音の厚みと言うか 音の洪水で
ライブは 音圧もけっこう大きく感じたりもします! 
そんな中 たまに 席が悪い(スピーカーやベーアンの真前にいる) 時など
アジテーター役で Bassの なるちょ氏 が 乱暴な音を(爆)
出しはじめた時にゃぁ 結構耳キツイものが有るので・・・
もしもの為に よく耳栓を持ってライブに参戦したものですがあっかんべー


話変わって  ここのところの ニュースで
浜崎あゆみの左耳が、ほとんど機能しなくなっている・・
そんなニュースが飛びかっています
普段なら芸能人の話題であるし "へ~ 大変やん" てな感じですが
少し前 同じ様な記事で "あらま~ 大変や~" と思った
事があり ちょっとこの話題には引っかかりました。

すでに ご存知の方もいらっしゃいますが、
大昔 一時角松プロデュースにても 活動していた とあるバンド
個人的にも 何度もライブも足を運び 親近感のあるバンドですが・・・

そのバンドのメンバーの一員が 現在「突発性難聴」により 闘病中だそうです!

事情通の 知人に聞いた話によると 数十年前に
演奏サポートの仕事中 舞台効果の音で?雷耳
右耳をやられ 当時そのまま 十分な治療が行えなかった為
それ以降 右耳はずっと聞こえていなかったそうだ!
我々は 今迄それを 知るよしも なかったのですが、

そんな中 昨年 そのメンバーさんが 突然病院入院致しまして
療養生活に入っていると言う事を mixでiの日記を読んで知る・・・・・・
その時の 闘病記が 少し前の日記に UPされていました。

それによると  なななんと・・・・・
昨年 9月撮影の仕事の演奏中、左の耳が徐々に聞こえなくなって、
終いには まったく聞こえなくなったそうな・・・・・げっそり
  (かねてから聞えなかった右耳に加え 左耳まで・・・・)
自分の声すらも まったく聞こえない…。
道行く車の音も、テレビの音も、自分の足音も…、世の中すべてが、
サイレントムービーのひとコマのような…、そんな感じ。
つまり、文字通り「まったく」聞こえなくなったそうな!

その後の治療の甲斐があってか、
今は 至近距離から 大きな声で ゆっくり はっきり 話してもらえば
なんとか 会話が 成り立つくらいに なられたそうだが
TVや電話の音声は いまだにダメらしく 音楽のように複数の音が
混じったものは 音割れが邪魔をして 何が何だかわからないらしいです

一般の人でもそんな事態になれば 大変なのに・・・・
音楽家の人ですから 心中お察しする どころではないですが
そのお方は 前向きに治療を継続されております。

この度の 浜あゆの一件で 世の中でも この様な病気が
クローズアップされて 色々サイトなどに書かれていますので
一部 抜粋させてもらいますと  (内容の裏ずけは取れてません あくまで転載)
なんでも 浜あゆがなっている 突発性内耳障害とは、突発性難聴の一種であって
今現在は 原因は あまり わかっていないという症状です。
突発性内耳障害は、老若男女誰でもかかってしまう可能性があるのですが
原因のひとつとしては、野菜不足や 生活習慣病の側面の1つとも
考えられる説があるのだとか。しかし、はっきりとした突発性内耳障害の
原因は未だに解明されていないようです。

医学評論家によると、
「外耳、中耳までは音をつたえる器官、内耳は音を感じる器官で、
脳と関連している。医学的にも原因はよくわかっておらず、
治療は 2週間以内、遅くとも 1カ月以内に 始めれば、
回復できたかもしれないのだが」との事。

同じ耳の病気では突発性難聴があるが、こちらは耳の調子が突然
風邪を引いたときのようにこもったような状態になる。
突発性難聴の場合は、なんと48時間以内に対処しないと、
完全な回復は難しいというのだ。

で 我々と いたしまして 教訓として
色々な 事情や 忙しさにかまけてしまう きらいもありますが
とにかく 耳がおかしくなったら、
48時間以内に病院に行って対処をしてもらう
と言う事がポイントでしょうか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

FLIGHT 7

アーチストも ベストアルバムなどを出しはじめると
我々オーディエンスとしては 怪しい空気を 察知するもので・・・・
paris match(パリスマッチ) も なんだか 昨年
ビクターエンタテインメントと 契約を終了したとかなんとか・・・・・。
どうなるかと思う間もなく 新たに coolism なる 新しい会社を立ち上げ
順調なすべりだしの模様で、 何と さっそく 約2年振りに!
7枚目のオリジナルアルバムが バレンタインイブの
2月13日に リリースされるとか・・・

Fligt7_2ちなみに パリスマッチの オリジナルアルバム名は 過去から
発売順に アルバム名に 数字を入れ込んで 何枚目の
アルバムかが 一目瞭然仕様に なっており なかなか親切(笑)、
①volume one②PM2③typeⅢ④QUATTRO⑤♭5⑥after six
と来ているので 次は何じゃ?と言う 密かな楽しみがあるが
注目の七枚目は 「FLIGHT 7」だそうだ!
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00118SK3Y

個人的な お楽しみとしては、わたくしが一番好きなギタリスト
松っぁんコト松原正樹氏が 今迄通り ギターで参加しているかどうかと
言う事でございますが、杉山氏のブログを読んでいましたら
どうやら 今回も 三曲参加とかhttp://coolism.exblog.jp/6949328/
いや~楽しみ!

そのほかにも、 青柳誠 村上聖 ブラス系は春名正治佐野聡、佐々木史郎、小池修で
ブログの コメントによると 「特に1曲目に収録予定のプレイは かなりヤバイです。
オープニングから 世界一周できちゃいますよ」 らしい・・・・
今回も ミュージシャンは 前回のアルバムにも 参加した 旧aosisでお馴染みの
メンツで after sixと同じく 大きくサウンドカラーの変更は なさげ
クオリティは高そうで 安心して聴けのではと期待!
なんでも 今回は パリスマッチ初の(半)邦楽カバーで
ラテンロック調の Mr.SummerTime も収録されているとか・・・・

あと、レコ発ワンマンツアーが東名阪で予定もあるそうで!
いよいよ楽しみ!
早く商業ベースで安定的に
ライブが出来る様になってもたいたいものです

paris match杉山洋介のブログ  http://coolism.exblog.jp/
paris matchミズノマリのブログ  http://marimizuno.exblog.jp/

↓paris match参考画像(古い作品っす)

http://www.youtube.com/watch?v=FDZC_KPTNNc
http://www.youtube.com/watch?v=t5KXj6ZN9zQ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1135577

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

賀 正

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

わたくしのつたない ブログも平均1日約40名位の
お方にご訪問いただいており感謝申し上げます。
またネタ等がありましたらよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »