« 偽スクエアコト 本田雅人with VOICE of ELEMENTS | トップページ | コーチ 村上“ポンタ”秀一 »

2006年8月 8日 (火)

J LIVE FRESH girls night

Dscf0006_5J LIVE FRESH girls night 
こんなハガキが来ていました!
fm osaka のライブ当選 っつて事で行く事が出来ました。

            

よ~く考えれば クラブクアトロに行くのは初めてだ!
場所は 心斎橋のパルコ8階 横長な長方形なカタチのホールであり
さすが街中のビルにある ライブハウスと言う感じで
邪魔な柱が二本どーんとあるのが残念!
当日は 予想通り 当然スタンディング(-_-メ) 客層は さすがに普段
ワタクシが行っている様なライブの感じの客層とは違い 老若男女・・・・
とくに 若 が多かったっすね(笑) なので ライブでは アーチスト側から
客に振っても 反応は すこぶる良い 誰かさんみたいに、
盛りあがってますか~!?   し~ん・・・・・ と言う事は無い(爆)
しかし スタンディングが 辛いのは 歳のせいと思っていましたが 今時の
若い衆も けっこう床にヘタリこんだりと シンドイのは同じなのか(^_^;)
でっ 出演は 伊沢麻未・タイナカ サチ・いきのもがかり 山田タマル
ステージでは 山田タマルなどは どこを見るでもない様な視線で唄うのだが
他のアーチストはやたら 客の顔や視線を合わせながら唄う様な
スタイルなので 普段ステージのフロントに女性が立つと言うような
ライブはあまり行き慣れていないので 妙に見所に困る(^_^;) 
しかし 発声だの ピッチだの専門的なことは わからないにしても
イマドキの歌手は なかなかみんな上手いですわ、ステージもオケで茶を
濁してやるのかと思っていたが 一応各アーチストともバンド仕立て。
まず 最初の登場は 伊沢麻未顔は全く知らないのだが 実はFM大阪の7月の
パワープレイのおかげで 曲はイヤと言う程聴いていたのだ。かなり
夏風でベタな曲調だが勢いがあって初めて聞いても耳に残る曲である
なんと裸足で唄ってましたよ バックは打込みオケとDJによるプレイ。
2番手は タイナカ サチ 変わった名前だがチラシによると兵庫出身らしい
エレピでの弾き語りが得意 透明感?あふれるボーカルだった
サポートで女性のパーカスとアコギシンプルだがまとまりはなかなかだ
三番手は いきのもがかり!ここで一気にバンドサウンドとなる
かなり おこちゃまな感じな音ではあったが サポートの
ドラム&ベースに支えられていた。このバンドから音量もかなり上がり
スピーカー前に居たワタクシ お腹に低音は響くわ 頭の上を
スピーカーからの音圧の風が通るわ さすがに私の耳が根をあげた
やはり 知名度があるのか 客の反応も なかなか良さげ!
原曲とはだいぶ異なるが「ふたりの愛ランド」をカバーしてた(^_^;)
トリは 山田タマル 例のアレですよ!資生堂のマキアージュの
宣伝の歌を唄っている人です。
けっきょく約2時間少々立ちっぱなしとは言えドリンク代500円で
楽しませてもらった(^_^)

|

« 偽スクエアコト 本田雅人with VOICE of ELEMENTS | トップページ | コーチ 村上“ポンタ”秀一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107835/11329813

この記事へのトラックバック一覧です: J LIVE FRESH girls night :

« 偽スクエアコト 本田雅人with VOICE of ELEMENTS | トップページ | コーチ 村上“ポンタ”秀一 »