« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月25日 (日)

Mr BASS MAN

またBASSネタか(~_~;)
ベースの弦を叩いたり引っ掛けてはじく様にして弾く事を
わたくし古い人間は チョッパー奏法なんつ呼び名をしますが、
さて 日本で一番最初に チョッパーベースを弾いたのは誰?
と言う疑問に「いかりや長さんだ!」などと 誰かがTVで
言ってましたが(笑)やはり元祖はおそらく後藤次利氏でしょう!
それこそ 20数年前 ワタクシが 中学の頃からスタジオなど
第一線で活躍していた 憧れのベーシストの一人である。
そもそも チョッパー奏法と言う名前のゆえんは 後藤氏の弾く
チョッパーズブギと言う曲から来ていると言う事を 個人的には
解釈していたのだが、当の本人はソレを あんまり認識されていな
かったと言うのはビックリである。
http://www.bass-on-bass.com/column7.html
そう言う経緯を知るベーシストは 以降その奏法をチョッパーとは
呼ばず密かにスラップと呼ぶ様になった様である。
しかし私の様な古い年代は スラップと言う言葉は なんとなく
甘っちょろい イメージで どうも定着しないのが笑けるとこだ。
その後藤次利氏も その後はベース奏者と言うよりは 音楽家&
プロディース業のほうが多忙になった様ですが、ココに来て
また精力的に動いているようだ!その一つのユニット WAIPの
大阪阿倍野近鉄でインストアイベントに行く事が出来た。
ベースとSAXだけの 変ったユニットである。近年はわたくし
SAXと言えば やれ本田君だの勝田君だのを聴く機会が多いですが、
WAIPのSAXは klammy という兵庫県出身の若い女性である、 Dscf0227
ミニライブだったので リズムはシーケンサーの様なもので
曲は三曲だけ さわりの雰囲気だけだが、プロフィール通り
勝手気ままに吹いているのがよく伝わった(^_^)
あまり聴いた事の無い様なジャンルで ある意味興味深かかった
しかし 後藤氏は若い!わたくしの様な41歳の人間が言うのも
なんですが、ちょっとした どこかの お兄さんにしか見えない Dscf0230
今となっては 凄い人はいくらでもいるので 技量云々を
言うのも野暮だが 間近で聴くベースは やはりすごい
今度 夏~秋にも京都で 山木秀夫&後藤次利のユニット
gym のライブがあるそうなので是非行ってみたいものだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

角松敏生横浜アリーナ25周年ライブ

さて横浜アリーナ 荷物が嫌いなワテクシ傘など持っていくのだけは
勘弁と思っていたが、今回は めずらしく晴れ!
時間まで 表をウロウロしていましたら どこかで見た事の有る様な
懐かしい顔があっちにもこっちにも伺え 実にコンサートらしい
雰囲気になってきました。ワタクシは 楽天にて お世話になっている
kadomaniaさんに連絡し喫茶店で しばし挨拶の後 会場内へ!
そういえば 前回は 入場時 散々待たされ 嫌な思いをしたが
今回は 入り口は全然混雑していない♪、
しかし中に 入ると goods売り場には 超長蛇の列
遅い時間に入った人は 開演時間から逆算すると購入は諦めムード、
案の定パンフレットや限定携帯ストラップは売りきれたらしい。

今回の横アリ まだ 当日券も出てる と言うくらいだったので人気が
無いのかと思っていたが、会場内を見まわすと人は結構入っている様で
アリーナの上の3階の一部がわずか空席があるくらいの盛況ぶりである。
入場者はリベンジより700人ほど少ない一万人弱らしい大成功な様で
関西人としては一応8,000円×10,000人=八千万円と
計算してみますた(ちなみにBIC銀行金利無しw)
上物  音響&映像 「25周年だからと言ってセットにお金はかけません」
などと言ってるくらいやから 人件費、映像、イベンター、広告費(あまりせず)
う~ん 採算ラインは 4~6掛けくらいかぇ?? (・∀・)ニヤニヤ
そういや~ 角松氏 新しいギターシステムを買ったとか
オフィシャルサイトに 嬉しそうに書いてあったな ったく~
確かに見るからに 高そうなラックのヤツやらが ステージにはあった

今回は 例の12日にベースの青木氏ご逝去という思わぬ事態が起った・・
そんな事で オーディエンスからすれば よけいなお世話だが
①角松は 精神的ダメージ大丈夫なのか?
②青木のベースはどうなるんだ? 
と言うのが コンサートがはじまる迄の大疑問であった事は間違いない。

豊かな想像を 膨らませすぎた熱心なファンに対し、角松発言として
オフィシャルサイトでは「24日は、そこに青木智仁がいます。みなさん、
彼のベースを聴きに来てくださいね!」などと書きこまれていた。
本来、角松の音楽を聴く様なちょっとした 音楽うるさ方からすれば
なに?当てレコ ?けしからん!となる所だが 今回ばかりは リハーサルが
始まる前日の訃報、普通なら緊急措置を名目に代役を立てたほうが
よっぽど簡単な話、ソレをせずあえて青木氏の音源を活用して ライブで
同期を取って演奏するなどと言う 面倒な事を しかもタイトな時間で
やり遂げるこだわりとは さすがにビックリである。

ライブは珍しく 定刻に客電が落ち開始!・・・・今回はステージ両サイドに
中途半端な大きさではあるが スクリーン設置されている、ライブ映像、
メッセージ・MC、音楽をリンクして巧みな演出がなされている
開始時まずミュージッククリップみたいなものが流れていたが、突然
角松氏の姿が写し出される、御陽気に志村ケンの顔マネをしながら
「楽屋中継」みたいなメッセージボードを持って示している
何とリアルタイムで 楽屋からの様子を中継しているのだ
犬(松原秀樹)や その他 気ぐるみ軍団などと こじゃれながら
それらに 見送られながら、楽屋を後にし ステージに向かうまでの
姿が中継され、客は 歓声とともに 一気に盛りあがる!
なかなか面白い演出である! この時点で
角松は 精神的ダメージ大丈夫なのか?などと言う
湿っぽい心配は どこやらへ吹き飛んだ(~_~;)

人によっては 今回のコンサートは 青木追悼コンサートだ!と
言う人もいたが、それはある意味見当違いかも知れない。
ステージ フロントには、青木の愛用ベースが二本・ベースアンプ
(人によってはベーアンから音も出していたとか、ベースは途中
チューニングまでしてたとかのではと言う噂も)あと 譜面台&
ドリンク・酒?・花・そして我々にとってはあの日から
見慣れた遺影は 出番により 出したり ひいたりと・・・・
しゃかりのHPによると、楽屋ローディまでが用意されていると
言う徹底ぶりで 普段と何一つ変わりなく 青木氏がそこに居て
演奏しているものとしての扱いである。
その後ライブに見に来ていた青木氏のお姉さんのmixi日記を読むと
「角松さんがアタシラに言った一言。『居たでしょ?居たよね。』」
と言ったとか・・・・・・まったくもって 本気である!
当然 角松氏ステージで、青木の訃報などについて触れる事が
無いのは そう言う事であるのだろう。

今回のライブも色々と物議をかもし出す所などは
じつに角松コンサートらしい(~_~;)
個人的には マメ知識として横アリは解凍後の軌跡を
たどってと聞いていたし あらかじめ、
「5時間以上、40曲以上」やるなどと宣言したいたので
それなりの心の準備と段取りも整えていた。
チケット発送時にも時間の注意を促し 当日もアナウウンスするなど
主催者側も極力トラブルが無い様にする為 かなりの配慮が伺える。
ちなみに オフィシャルサイトで角松氏は
「製作側から11時15分までには終えてくれというリクエストに
答えて曲をいろいろ削減するのが大変で・・・・」などと
書いてあったので!きっといつもの事11:30くらいは
やるやろうなと思ってはいたが・・・・・今回終了は12:20だ!
当日電車で帰るなどで 終わり時間に制限の有る方や
古い曲を期待してきた方の心中を察すると気の毒だ
しかし 貧乏性のワタクシ個人的には 今回は はなからそのつもりで
挑んで来ているので 長い時間のライブは 特に問題は無い。
沖縄コーナーは 自分的には特に興味は感じないのだが 昨今の
角松氏の楽曲、また次回のアルバムの関わりなどを考えると
こう言う機会に お披露目という考えは 仕方ないトコロか・・・と解釈
しかし 角松目当てに来た事を考えれば沖縄コーナーが
長かったようだ!

肝心のレポはこれ以上書くととんでもなく長くなるので
省略させてもらいます(-_-;)

セットリストは HONEYPIEさんのトコロが充実しておりますので
をご参照くださいませ
http://plaza.rakuten.co.jp/honeypie2005/diary/200606250000/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

チキンジョージNOW

ご承知の通り 12月に閉店したライブハウス神戸チキンジョージ
約6ヶ月たった先月末に ようやく旧建物は解体され更地になりました!
しかし 最近でも外から見る限りその後進展している様子はなさげ!
なんでも とあるブログでは 計画より三ヶ月以上遅れているとかなんとか?

そんな中、話は変わるが 前回の角松ライブ「インスト旅情」の主催を
チキンジョージがしていた事を お気ずきの方も多いと思いますが
ライブハウスチキンジョージは CGE㈱(Chicken George Entertainment)
言う母体 ?が 興業に関わる事柄を運営をしている様であります。
(〒650-0011 神戸市中央区下山手通4-2-2下山手ハイツ3F東 )
又 音響PA専門会社?として(有)フィリーズ(Phillies) 住所C.G.E内
と言う会社は 今迄もチキンのPAをも手がけて来てる
同系列の別会社と思われる。
そして その他の同系列の別会社として 今回の話題の
(有)フィルモア なる怪しげな名前(笑)の会社がある、
〒650-0003 神戸市中央区山本通2-4-27 B1 
このフィルモア 以前  神戸北野にあり 3月に閉店したと言う
ライブハウス&クラブスペース「ハンター坂アムズ」の跡地に
神戸ウィンターランド(KOBE WYNTERLAND)なる ライブハウスを
新たに開業した模様である。
(チキンが建設中の間だけの期間営業なのかは謎・・・・・)

とあるブログによりますと 06年04月25日に関係者による
オープンパーティーが開催されたらしいです。
http://onsen1.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/wynterland_262e.html
http://yaplog.jp/tibiti-emi/archive/142
http://yaplog.jp/tibiti-emi/archive/143

Kansai Walkerによりますと
http://www.walkerplus.com/kansai/20060523/co5724.html
「神戸ウィンターランド・こけら落とし公演」
神戸ウィンターランド 6月2日(金) 19:30
現在 立替工事中のチキンジョージのスタッフが、
新たなライブハウスをオープン!
こけら落としで注目の4公演が行われる。
THE BLUES POWERや斉藤誠、奥田民生(チケット完売)ら、
チキンジョージ再オープンを待つファン必見のメンツが集う。
[出演] THE BLUES POWER(永井隆+浅野祥之+沼澤尚)

また 永井"ホトケ"隆氏のサイトの MY NOTES > DIARY
■ 6/2(金)神戸 WYNTERLAND を読むと
http://www.hotoke-blues.com/mynotes/diary_index.html
抜粋
「「WYNTERLAND」の店の代表は かってのチキンジョージの
ブッキング・マネージャーであり、我々の中部、関西方面の
ツアー・マネージャーもしている 橋川イカ君だし、
音響を担当しているのはチキンにいた正木君だ」 とある、

橋川氏と言えば 角松はじめ 関連アーチストとの関係は
周知のごとくである。

と言う事は 実質ここは チキンジョージと同機能を果たすハコと
解釈して良いだろう(~_~)チキンジョージが工事中の間 神戸は
ライブスペースの 空洞化地区と嘆いている人も居たでしょうが
キャパはともかく これで ある意味問題解消はされた事になる。
我々がチキンで聴いてきたアーチストが出演する可能性もある、
ただ!ホームページ等がないので、 まだまだ詳細は不明・・・・・
これからの出演アーチストも不明・・・・ 本田氏は9月にやるようだ
マメにチケットサイトの チケ発売情報をチェックするしかない様だ

既に 行った事が有る人が 色々なブログに書いて有る事を取り
まとめると 定員は オールスタンディングで300名くらいらしい
椅子も有り 場所は地下、チキンジョージよりはかなり狭いらしい
ステージは高い トイレは外
永井"ホトケ"隆氏のサイトPHOTOGRAPH>DIARY 2006/05/31~06/02」
http://www.hotoke-blues.com/phtograph/p_diary060614.html
に写真なども出ているのでご参考に!

参考 
6/2日 THE BLUES POWERの模様 
http://cacao2005.seesaa.net/article/18973612.html
http://ameblo.jp/yukichidon/entry-10013201119.html

神戸ウインターランド研究資料(個人用スクラップ画像集)
http://photo.www.infoseek.co.jp/AlbumTop.asp?key=1595185&un=106076&m=2

機材リスト
http://www.chicken-george.com/phillies/wynterland/Wynterland_equipment.pdf

以上が サイト関係のみを ウロウロして調べたものであります。
もちろん裏付け無しです。妄想又は推測もありますので
話半分と言う事でご理解願います。
なにか ネタありましたら ヨロです。

ここなら シークレットライブも出来ますな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

留守中に限って

留守中に限ってオイシイ公演が関西である(-_-;)
ざざ残念っ!

●後藤次利 WAIP
■インストアイベント HMV三宮
日時 : 2006年6月24日 15:00
WAIPがHMV三宮インストアイベント
(MINI LIVE & サイン会) に登場!
場所 : 兵庫県神戸市中央区三宮町1-6-18 EITビル B1F
電話番号 : 078-327-4060
■インストアイベント HMV阿倍野
日時:2006年6月25日 17:00
WAIPがHMV阿倍野インストアイベント
(MINI LIVE & サイン会) に登場!
場所:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43近鉄阿倍野8F
電話番号: 06-6629-7261

●松原正樹@京都ラグ
6/25(日)開場18:00 / 開演19:30
「松原正樹(G)4ROCKAMBOS 」
HUMARHYTHM-Ⅳ 発売記念LIVE
松原正樹(G)村上聖(B)田中栄二(Ds)南部昌江(Key)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

AOKI DAYs は続く

AOKI DAYsと言う事で、ベースの青木智仁氏が12日にお亡くなり
になってから はじめての週末を 迎えましたが
今週は長かった様な 早かった様な不思議な感覚の一週間でした。
自分にとっては ライブハウス チキンジョージが比較的近場にある
と言う環境だった為 以前は何かにつけ、内容・メンツはともあれ
公演に青木の文字があれば よく聴きに行ったもので結果として
私の行ったライブの約半数が青木関連だと言うことになります。
普通なら 角松氏などのホールコンサートなどでも 豆粒ほどにしか
見えない程 遠くて 大きな存在の 凄いアーチストと言う事になるのだが、
幸いにも かつてのチキンなどでは、すぐ手が届く程 真近くでの
PLAYを聴く と言う体験が 何度も出来た訳です。
演奏も しかりですが、独特のMCが結構面白かったですな!
青木さんは ホント地方のライブハウスが好きだった様だ。
なにせ 前売り たった ¥3500円で・・・・ (好きでないと出来ない)
凄いミュージシャン達が関東からやってきてくれるという・・・
勿論 客が何千人も入る筈も無く、
薄々 持出し?とか手弁当?などと言うイメージは感じてはいるが(笑)
彼の人脈で これだけの事がやれるというのは さすがで 、
バンドマン・ライブミュージシャンとしての心意気を みせつけられたものだ
青木さんのお姉さんのMIXI日記を拝見してもらったが、記載の中に
「兄弟は『食っていけんのか?』などと聞いては心配していたものでした。」とあり、
勿論そんな筈は無いのだろうだが なんとなく自分も
それに似た思いもあったので 不謹慎ではあるが 少し面白かった
もちろん青木氏と面識は無いのだが そんな最も馴染みのあるアーチスト
の及ぼした影響 ワタクシのNIFTYのブログなど
普段なら2~30/日のアクセスなのが 今週は約120前後 約四倍だ!
Aokensaku_1とあるブログ検索サイトではもっとも検索されているキーワード
の一位に青木智仁の文字が踊り出した、はたまた
amazonでは一時 売上枚数 60位代に表示されるなど・・・・・
昨今の検索で調べた青木氏に対するコメントのサイトの多いこと
また 自分を含め まわりのショックの度合いと来たら・・・・凄すぎる・・・
ワタクシが思っていた以上の青木氏の存在の大きさを知らめられたモノです。

わたくしも、そろそろ 日常の 
通勤での音楽に青木作品を加えていこうかと思ってます
もちろん、今後も
青木さんに関連するライブがあれば行きまっせ~

さてこれから
来週に迫った横浜行きの新幹線のチケット買いに
激安チケット屋まで行ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

植竹ブログ更新 (青木智仁家 通夜)

つんさんから タレコミいただきました
植竹ブログ更新(日本の偉大なるベーシスト青木智仁の通夜)
http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/

それから
角松オフィシャルサイトのbbsにも
角松氏ご本人のコメント書き込みが有りました、
会員の方はチェックの程

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

AOKI 2DAY目

しかし まったく 青木さんも
えらく 遠~いトコロでの セッションに 呼ばれた様で・・・・!
「本日もお足元の悪い中 ようこそお越し下さいました。」
なんて あの ひょうひょうとしたモノ言いで 挨拶している頃か・・・・

13日夜は 追悼と言う事で さもっち氏ふじっち氏達と
彼らの悪の巣窟 新大阪エビスCAFE にて、
青木君(ふじっち氏談)を 偲んでおりました。
一日たったからといって 気持ちが切り替わる筈も無く
モヤモヤする気持ちは 変らないものの、
無事 朝を迎えれたという ごくごく普通な事にも
感慨深く考えさせられました。

155244588_161家に 残ってたチケットの半券!
特に集めるつもりでは無いので全部じゃないのですが
約50枚が 青木さんも出演しているチケット半券
後56枚が その他のモノ、約半数が青木さんが
関わってるって事になる 意識はしていなかったが
結構な数だと改めて思った 

155244588_80ごそごそしていたら96年2月の青木BANDのテープが出てキタ
聞いてみたいけど、テープなんて今更デッキが無いんだよね~ 

                  

mixiですが レスポールさんが お通夜に行かれた模様を 日記に
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=155188794&owner_id=2324336
UPしてくれました、PC前からですが 気持ちの問題です
せめて手を合わせさせて頂きました、 ありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

訃報 青木智仁氏

ベーシストの 青木智仁氏 が 昨日 おりしも誕生日に

49歳の若さで 心不全の為 お亡くなりになりました。

ご冥福をお祈りいたします。

http://www.nikkei.co.jp/news/okuyami/20060613AS1G1301H13062006.html

http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20060613

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青木智仁氏について

青木智仁氏について 一ファンとして気になる話しを

耳にしました、ブログの話題にすべき事では無いですが

このまま公式に発表されるかどうかどうかもわからないので、

もしソースの明らかな情報おもちの方がいらっしゃいましたら

よろしくお願いいたします。 

今のところ本件に関する詳細は申上げられませんので

ご容赦くださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

PLAYERと言えば

昨今は音楽をはじめ netなどでも
あらゆる情報を簡単に入手出来る時代ですが、
それこそ25年以上前の学生時代
ギター小僧の真似事をしていた頃等は
音楽関連の情報源と言えば主に音楽雑誌!
とくに馴染みがある雑誌は
ヤンギ(YoungGuiter)
ロクエフ(ロッキンf)
ジャズラ(jazz life)
ROCK STADY
そして PLAYER・・・・

なかでも PLAYER は 結構硬派寄りの
雑誌だったような気がするが!

でっその
角松敏生25周年記念ニューアルバム PRAYER
オフィシャルサイトに出ていましたね!

1,UGUM
2,Movin`
3,You made it
4,恋の落とし穴
5,Still never know about all
6,かなし花
7,日照雨(SOBAE)
8,アイシテル
9,Mannequin
10,黙想
11,Prayer
12,smile

さてさて!
どんなイメージを ふくらませましょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

横浜アリーナ七万円?

わたくしも ヤフオク愛用者の 端くれでして オークションは
時々利用いたしますが 角松敏生 25周年ライブの良席が、
オークションで ペア”七万円”を 越えるのが ありました!
ちょっと人気のアーチストなら数万円なんて言うのは
良くある話と聞きますが! 凄い!Oku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

血圧上昇!

いや~ 年齢と共に血圧も高めの昨今ですが
輪をかけて高くなる時それは、ヤフーオークション・・・・
USED大好きなワタクシは ヤフオクでちょくちょく売買しております。
Mush最近落札したブツ・・・・櫛引彩香のCD
以前レンタルで借りた事が有ったのですが
お徳価格だった為、せっかくだから入札しときました(^_^)
入札後も 忘れた頃に 程なく 落札通知が来ました!
いつもこんな感じで 落札されれば良いのですが、
人気商品や 割安感の有るものは そうは行きません
とかく よく利用するのは 車関連の部品の購入、昔なら高い物を
買ってたが 今は ヤフオクのおかげで 安く買えます!
今回狙ったのも 車の部品です。ドイツ車はローターも消耗品と言う事で
兼ねてから 色々サイトで 物色していたものの
比較的出まわっている apロッキード・デルファイ製なら 安いのだが
以前 teke-Mさんが (精度の事からか?) 嫌っていたので
ATE製を と思っていたが 廉価のスリット無しのものでも
比較的安い fame(http://www.fame-web.com/)で 14700円
スリット付きなら NETでの 相場が 18000~23000円の所
Ateヤフオクで 新品が10000円で出品されているのをハケーン(゚o゚)
フロントブレーキ の ATE製 power disc ディスクローター!
まずは ジャブとして10000円で入札するも、まもなく10500円
で高値更新される・・・・・ その後 随時入札されていたものの
いよいよ 終了日時 おりしも仕事中 1分前狙いで入札しようとすると、
急に値段がつり上がり びっくりして血圧がグンと上がりました
どうやら悪い事に同じように終了間際に入札考えているヤカラがいる
みたいで競りあう事になってしまいました!最悪
入札するたび相手が いつ諦めてくれるか・・・残り時間のカウントダウンを
睨みながら血圧上りっぱなしで1年は寿命が縮まりましたわ(*´д`*)ハァハァ 
最終的には14500円にて落札! 大事に至らずよかった・・・・
また余裕が出来た時に取付けてもらうとして いつものお蔵入りへ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

キタ チケ━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━!!!!

って事で 角松 横浜アリーナ公演
チケット受け渡しOFF(死語)に 参加してまいりました。
モチロン色気は無し(^^ゞ わたくし、チケットは
他力本願で、今回は 某O氏がとりあえず四枚申し込んだ
と言うので 余りの一枚を おこぼれに預りました(。_・☆\ ばき!
センター席24列だそうですDscf0020

        

       

しかし食い過ぎた・・・・Dscf0010
生中・チューハイカルピス・ウーロン茶・納豆春巻・とろサーモン
ほっけの塩焼き・カレイの煮付け・牛すじと蒟蒻の煮物・たこわさび
てんむす・牛肉ゴーや・ねぎ焼すじ焼うどん・鯖寿司・ラム肉と茄子の
帰りの電車では かなり苦しみましたわ

             

でっ いつも角松ネタはごく少ないのだが その中でも話題は
ライブは 活動再開後からの8年間全ての軌跡をたどる
ロングランライブ…だそうで!
解凍後だけの作品だけで さてさて 五時間あまりも
ネタがあるのかな?と言う話題

あとは 当日の予定・・・・初日中華街行くものの中華街のどこの店が
良いものか・・・・・情報を集める必要性があるか・・・・

2日目は 山野楽器は行くもののあとは
どこを見物するのが 旬なのか・・・・・

みなさんいかがなものなのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

【続】 おむすび割烹『俵』か?

先週 会社帰り いつも行き付けの御影 王将に行くつもりが
たまたま 客がいっぱいだったので、斜め前にある
前回 偶然看板を見つけた例の『俵』に入ってみました。
メニューを見てみると やっぱり 元ワシントンホテル地下に
あった おむすび割烹『俵』に間違いない様だ! 
例のオヤジさんもカウンター内にいた
三宮にあった頃は 村上"PONTA"秀一氏も 来神時には
好んで訪れていたとかで ワタクシもPONTA氏が来店している所を
目撃した事が有るくらいであり、大昔ドリカムのツアーの時は吉田美和
なども連れて来たとかなんと言う噂もあるらしい。
店は五月初旬にOPENした様である
メニューからするとお酒のみの方は 特に楽しめる店ではないでしょうか
下戸のワタクシは おむすびばっか頼む訳にも行かないので
やっぱ何人かで行って わいわいやった方が楽しめる店かも !

〒658-0054 神戸市東灘区御影中町3-1-20中町ビル1階
078-811-2711Dscf0021Dscf0037Dscf0035          

      

    

追記)2006年9月 俵は閉店した模様です   

追記2006/12(移転先 兵庫県神戸市中央区北長狭通2-1-1 パープル山勝ビルB1F )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »